元気出た!激務続きの男性に感謝される絶妙なLINE9パターン


仕事で忙しい男性とコミュニケーションを図るには、やはりLINEが便利なもの。では、どんなメッセージを送ると心をつかむことができるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「元気出た!激務続きの男性に感謝される絶妙なLINE」を紹介します。

  • 【1】「大丈夫?」など、読むのも返事をするのも負担が少ない短文を送る

    「こっちも短文やスタンプを返すだけでいいから楽」(10代男性)というように、ごく短いメッセージをかわすだけなら、忙しい男性にも気楽に応じてもらえるようです。たとえ返信がなくとも、ある程度の既読スルーは気長に受け止めましょう。

  • 【2】「睡眠不足には注意してね」と体調を気づかう

    「応援もうれしいけど、けなげな気づかいにもほっこりしちゃいます」(20代男性)というように、思いやりにあふれた一言で、疲れた心を癒すパターンです。「ちゃんと野菜とってる?」「無理しちゃだめだよ」などとバリエーション豊かに展開すれば、ネタが尽きることもないでしょう。

  • 【3】「遅くまで大変だけど頑張って!」と真摯に励ます

    「こちらの仕事ぶりを想像してくれてるんだな、と思ったら頑張れますね」(20代男性)というように、奥ゆかしく支えるスタンスも、男性の励みになるようです。「待つ女」として重く思われたくなければ、「頑張りすぎるなよ!」などとくだけた言い回しにするとよさそうです。

  • 【4】「暇になったらいつでもメッセージして」と安心感を与える

    「レスを返せないと罪悪感があるので、忙しさを受け入れてくれると救われる」(10代男性)というように、忙しい状況を受け入れたメッセージにやさしさを感じる男性も多いようです。会いたい気持ちをぶつけるのではなく、そっと見守るのも愛情だと心得ましょう。

  • 【5】「みんな期待してたよ!」と周囲の評価を織り込む

    「同僚の声を織り交ぜたシンプルな応援が背中を押してくれる」(10代男性)というように、ビジネスパーソンとしての力を評価するLINEが男性の安心感を誘うこともあります。「私が一番期待してるけど!」と付け加えて、応援団としての存在感をアピールしてもいいでしょう。

  • 【6】「たまには息抜きしようよ!」とストレス発散に誘う

    「デートを想像させてくれて、がぜんやる気が出ました!」(20代男性)というように、気分転換を口実にしたライトなお誘いに反応する男性もいるようです。「どんなお店がいい?」などと聞くのは負担になりかねないので、プランをガッツリお膳立てするのがよさそうです。

  • 【7】「手伝えることがあったら言って!」とアシストを買って出る

    「仕事のヘルプじゃなくても、お茶を買ってきてくれただけでも感激」(20代男性)というように、何かできることをしたいと申し出る健気な気持ちが男性の心に響くこともあります。愛情の押し売りをするのではなく、「してほしいこと」を見極めるのがキモになるでしょう。

  • 【8】「この仕事ぶりには誰もかなわないって!」と最大限にリスペクトする

    「仕事人間にとって、これほどモチベーションが上がる言葉はありません(笑)」(20代男性)というように、正面から賛辞を送るLINEも、激務に燃える男性のハートをつかみそうです。ハートマークやラブリーなスタンプを駆使して、恋心の演出も忘れないようにしましょう。

  • 【9】「今回のヤマが終わったらごはんおごるよ!」とごほうびを予告する

    「目の前にニンジンがぶら下がると、最後まで走れそう(笑)」(20代男性)というように、ゴール後のごほうびにやる気を出す男性も多いようです。「行きたいお店のリストアップ」などでやり取りを重ね、男性の気分を盛り上げていきましょう。

最小限の言葉やスタンプで気分を伝えられるLINEは、仕事で忙しい男性とのやり取りにうってつけのツールです。明るく楽しいメッセージでテンションを上げてあげましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock