焼肉デートで男性を萎えさせるワガママ行動9パターン


食事デートのなかでも、「焼き肉デート」ほど男性のテンションを上げるものはありません。たとえ気安い間柄だとしても、あまりに身勝手な態度を取ると、怒りを買うおそれがあるので注意したほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「焼肉デートで男性を萎えさせるワガママ行動」をご紹介いたします。

  • 【1】「ダイエット中なんだよねー」と、野菜しか口にしない

    「焼肉屋を全否定しているのと同じ。帰ってほしくなる」(10代男性)など、その場の主役である肉を完全スルーして反感を買うパターンです。入店前に予告しておくか、「あなたが食べるのを見てるだけで幸せなの」と自分なりに楽しんでいることをアピールしておきましょう。

  • 【2】「やっぱ安い肉は固いね」と、いちいち文句をつける

    「どんな肉でも喜んで食べるのが男の常識。後輩だったら殴ってる」(20代男性)というように、肉を侮辱する発言は男性をイライラさせるようです。「ちゃんと肉の甘みがあるね!」などと良い面を見つけて口に出したほうが、お互いに幸せになれそうです。

  • 【3】「マジ煙いんですけど。うざ!」と、煙にキレる

    「肉を焼くんだから煙が出るのは当たり前。それが不満だなんて理不尽です!」(10代男性)など、むやみに煙をdisってもお門違いだと思われるのがオチのようです。たまたま煙が溜まりやすい位置に座ってしまったら、席を替えてもらえないかお店の人に打診してみましょう。

  • 【4】「これ焼けてるよ!次はこれね!」と、一方的に場を仕切る

    「他人のペースで勝手に焼かれると息苦しくなる」(20代男性)など、肉の焼き方に少なからずこだわりを持つ男性は多いため、積極的な気配りが裏目に出ることもあるようです。いっそ「先輩!オススメの食べ方を教えてください!」などと下手に出て、相手に任せてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「ホルモンってキモくない?よく食べられるね」と、苦手な食材を侮辱する

    「食べないのは個人の自由だけど、わざわざ否定する必要はない」(20代男性)というように、苦手アピールも表現を間違えると無神経な女だと思われてしまいます。「いろいろ食べられていいなー」と、羨ましそうに見つめたほうがかわいいと思ってもらえそうです。

  • 【6】「ちょうどいい火があった」と、炭火で煙草に火をつける

    「たとえお酒に酔ってたとしても、態度悪すぎ!」(20代男性)など、炭火をライター代わりにするのも、下品に映るかもしれません。「レモンを焼いて実験」「タレを混ぜて遊ぶ」などの子どもっぽい行動も慎んだほうがいいでしょう。

  • 【7】「タレだけでご飯何杯でもいけるわ」と、旺盛すぎる食欲を見せる

    「中学生男子か!もしかして、お金に困ってる?と疑ってしまいます」(20代男性)など、フードファイター並みの食べっぷりで心配されてしまうパターンです。がっつきすぎて女性としての色気が失われないように、デートの日は腹八分目くらいでガマンしたいところです。

  • 【8】「食べ放題だからいいじゃん!」と、肉ばかり大量に注文する

    「厚かましいというか、卑しい女だなと思う」(20代男性)など、食べ放題の場合も注文の仕方に遠慮がなさすぎると、ドン引きされてしまいます。「残しちゃったら悪いから、1皿でいいよね」などと少しずつ注文して謙虚に見えるようにしましょう。

  • 【9】「ふー、ふー、やだー、あついー」と、むやみにぶりっ子しながら食べる

    「目障り!焼肉屋に女々しい仕草は似合わない」(20代男性)など、過度な女子アピールは空振りしてしまう可能性があります。この日だけは、ぶりっ子するより「本気で食べちゃうね!」と、おいしそうにバクバク食べたほうが盛り上がるのではないでしょうか。

焼肉デートにおいて、肉を軽視するような発言や過剰な女子アピールは男子ウケが悪いようです。相手のテンションに合わせて楽しい時間を演出したいところです。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock