焦ってるのがバレバレ!クリスマス一か月前の「悪あがき」9パターン


クリスマスが近づくにつれて、「一緒に過ごす彼氏が欲しい!」と積極的に相手を探し始める女子は少なくありません。しかしあまりに露骨だと、傍目には見苦しく映ってしまうので、気を付ける必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「焦ってるのがバレバレ!クリスマス一か月前の『悪あがき』」をご紹介します。

  • 【1】新たな出会いを求めて合コンに参加しまくる

    「毎週、いろいろな部署の知り合いにセッティングを頼んでいるらしい」(20代男性)など、とにかく合コンに精を出すパターンです。知らず知らずのうちに獲物を狙うハンターのような目になっているかもしれないので、ときどき鏡でチェックしてみましょう。

  • 【2】突然カラコンにするなど、メイクや見た目に気合が入る

    「ある日突然、瞳が茶色く大きくなってて、別の子かと思っちゃいました」(10代男性)など、あまりに急激な変化に、周囲は違和感を覚えるようです。いきなり男ウケを狙ったルックスにイメチェンするよりは、自分の持ち味を生かす方向で見た目を磨くほうが現実的でしょう。

  • 【3】普段は相手にすることさえない男性に、突然話しかけるようになる

    「俺のことなんて全然興味なかったはずなのに」(20代男性)など、眼中になかった男性に媚を売り始めると、彼氏を作りたいという魂胆が伝わってしまうようです。共通の話題をきっかけに話しかけるなど、不自然に映らないような工夫が必要でしょう。

  • 【4】世間話を装って、知人男性にクリスマスの予定を聞きまくる

    「『もう年末か…。で、クリスマスはどうするの?』って(笑)。あまりにミエミエで」(20代男性)など、何かにかこつけて彼女の有無を聞き出そうとするのも、あからさまだと思われてしまうようです。直接聞く前に、SNSの投稿などをチェックして身辺を探ってみましょう。

  • 【5】男性が参加する飲み会があれば無理やり顔を出そうとする

    「『隣の課の人と飲むなら私も』とせがまれて、仕方なく連れていきました」(20代男性)というように、男の人と飲む機会に貪欲な姿勢は、ともするとがっついて見えるようです。せめて、もっともらしい理由をつけて参加したほうが良いかもしれません。

  • 【6】髪型を一般受けするモテ系のスタイルに変える

    「『巻髪なんて面倒』とか言ってたくせに、キメキメの縦ロールで登場(笑)」(20代男性)など、突然ヘアメイクに凝り出すのも、滑稽に思われてしまうようです。とはいえ、似合っていれば問題ないので、髪形を変えたければ美容院で相談してみると良いでしょう。

  • 【7】寒いのに胸元や脚を出した露出が多めの服を着るようになる

    「急にミニスカートを履いてくるようになった」(10代男性)というように、真冬にもかかわらず肌を出したファッションは、何らかの意図を感じさせてしまうようです。季節外れの服装は常識を疑われかねないので、冬らしいオシャレを心がけたほうが良いかもしれません。

  • 【8】周囲の男性にやたらにボディタッチをし始める

    「『ねえねえ○○君!』と腕に手をかけてきたり…。何が狙い?」(20代男性)など、男性の体に触ることで親密度を増そうとするのも、露骨に映るようです。この手のアプローチを嫌がる男性もいるので、反応を探りながら徐々に試したほうが無難でしょう。

  • 【9】「今年はぼっちクリスマス」と聞いてもいないのに自己申告したがる

    「『そんなこと聞いてねーよ!』と思うけど、なんだか哀れ」(20代男性)というように、なりふり構わないアピールは、みっともないのを通り越して気の毒がられてしまいそうです。ぼっちアピールは、相手から聞かれたときだけにとどめたいものです。

イメージチェンジがあまりに唐突だったり、アピールが必死すぎたりすると、周囲にはみっともなく映ってしまうようです。ステキな彼氏を見つけるためにも、気持ちに余裕をもって臨んだほうが良いかもしれません。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock