ラブラブの秘訣!?仲がいいカップルのケンカの流儀9パターン


「ケンカするほど仲がいい」とはよく言いますが、実際、長く付き合っているカップルはケンカの仕方が上手なことが多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ラブラブの秘訣!?仲がいいカップルのケンカの流儀」をご紹介します。

  • 【1】いくらケンカでも、相手を打ちのめすようなことは言わない

    「言い負かしても後味が悪いだけですよね」(20代女性)というように、相手をやっつけることをルール違反とするカップルは多いようです。少々口調がキツくなっても、「話し合い」の姿勢を崩さず、問題の解決を目指しましょう。

  • 【2】ケンカ中の「別れる」は禁句にする

    「勢いで言ってしまって取り返しがつかなくなったら嫌なので…」(20代女性)というように、あらかじめ「タブー」を決めておくのも大事なことかもしれません。禁句を設定しておくだけでなく、「相手が絶対嫌がるとわかっている行為」も控えたいものです。

  • 【3】ヒートアップしかけたら「少し中断しようか」とどちらかが提案する

    「どっちも熱くなると収拾がつかないので、その手前で必ず一呼吸置きます」(20代女性)というように、ムキになる前にクールダウンのきっかけを作ることで、大ゲンカへの発展を防ぐパターンです。とはいえ、どちらかが冷静でないと成立しないので、「感情的にならない」というルールを自分に課す必要がありそうです。

  • 【4】昔の失敗やケンカを持ちださない

    「積年の恨みを語り出したら、いつまで経っても終わらなくなってしまいます(笑)」(20代女性)というように、そのときの議論とは無関係の話題を禁ずるカップルもいます。「あのときもさ…」と言いそうになっても、グッと我慢しましょう。

  • 【5】相手の主張を途中で遮らず、最後まできちんと聞く

    「反論したくなっても、口をはさんではダメです」(20代女性)というように、相手の話を最後まで聞くことで、早めの収束を図るケースです。言いたいことを最後まで吐き出してもらったほうが、問題解決の近道になるのかもしれません。

  • 【6】ケンカしながらもお互いの妥協点を探す

    「なんとか収める方向で考えていかないと終わりません」(20代女性)というように、自分の主張をするだけでなく、相手の言い分も受け入れながら、着地点を見出すカップルもいます。なかなか難しい場合でも、「一理ある」と思える点を粘り強く探したいものです。

  • 【7】そろそろ仲直りしたいときにコーヒーを淹れるなどのルールをつくる

    「素直になれないときは、行動で気持ちを表現します」(20代女性)というように、ケンカを終わらせる合図のようなものをつくるのもアリでしょう。飲み物を飲むなど、ホッと一息つけるようなことにしておくといいかもしれません。

  • 【8】どっちかが悪いという具合に、白黒つけようとしない

    「勝つことに意味はないから」(20代女性)というように、勝ち負けを明確にせず、穏やかな収束を目指すパターンです。むやみに相手を責めるのではなく、ケンカの原因を冷静に見つめなおしたほうが建設的でしょう。

  • 【9】次の日がきたら「おはよう」と普通にあいさつをする

    「翌朝に持ち越さないのが鉄板のルールです!」(20代女性)というように、どんなに大ゲンカをしたとしても、「その日限りで終わらせること」を暗黙の了解にしているカップルもいます。心の中にわだかまりがあったとしても、翌日彼氏と目を合わせたら、笑顔であいさつしてはいかがでしょうか。

勝ち負けにこだわらないことや、感情的になりすぎないことが、上手なケンカのコツと言えそうです。彼氏の言動にカチンときたときにぜひ思い出してください。(外山武史)
Photo:All images by iStock