片思いのカレにいよいよ告白!失敗を避けるための下準備9パターン


意中の男性に真心を込めて告白しても、期待通りの返事がもらえるとは限らないもの。だからといってなんの準備もせずにのぞんだら、「もっとこうしておけば…」と後悔するハメになるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「片思いのカレにいよいよ告白!失敗を避けるための下準備」をご紹介します。

  • 【1】彼女や好きな女性が本当にいないか、最新情報を入手する

    「意を決して告白したのに『最近彼女ができて…』とか言われたら、泣くに泣けない」(20代女性)というように、思いの丈をぶつける前に、相手の恋愛事情は探っておいたほうがいいでしょう。複数の情報源にあたれば、「本当のところ」が把握できそうです。

  • 【2】元カノや好きな芸能人を参考に「見た目の好み」を推測する

    「ボーイッシュな子が好きみたいだから、思い切って髪を切った」(10代女性)というように、相手好みの外見でのぞめば、関心を引けそうです。とはいえ、元カノそっくりに変身するとドン引きされそうなので、個性は大事にしましょう。

  • 【3】共通の友達に協力をあおぎ、どの程度脈アリか探ってもらう

    「望みがないのに先を急いでも自滅するだけなので…」(20代女性)というように、「脈の有無」を調べて、今がベストタイミングなのかを見極めることも必要かもしれません。もし脈がなさそうなら、焦らず好機を待ったほうがよさそうです。

  • 【4】告白プランを事前に友達に打ち明け、アドバイスをもらう

    「『そのセリフは重いかも』と忠告されてハッとした。相談してよかった」(10代女性)というように、第三者に自分の計画を話して、ブラッシュアップを図る方法です。計画が漏れて告白が台無しになってしまわないよう、相談相手は慎重に選びましょう。

  • 【5】自然に二人きりになれるタイミングをあらかじめ見つけておく

    「わざわざ呼び出すと深刻になりすぎるから、さりげなく告白できる状況を探した」(20代女性)というように、告白のシチュエーションも検討する必要があるでしょう。場合によっては、LINEや電話で伝えたほうがうまくいくこともありそうです。

  • 【6】当日しどろもどろにならないよう、告白のセリフを練習する

    「練習したお陰で無事に伝えられた」(10代女性)というように、予行練習をしておけば、もし頭が真っ白になっても慌てずに済みそうです。とはいえ、段取りを固めすぎると独りよがりになりそうなので、臨機応変に対応できる余地は残しておきたいところです。

  • 【7】マメにコンタクトを取るなど、できるだけ相手との距離を縮める

    「『俺に気がある?』と思わせて、相手の期待を高める作戦(笑)」(20代女性)というように、好意を匂わせてドキドキを誘っておくと、色よい返事を引き出しやすくなるかもしれません。思惑通りにことが進んでいるなら、告白自体はあっさりした言葉で十分でしょう。

  • 【8】「断られる可能性もある」と肝に銘じ、心の準備をする

    「結果はどうあれきちんと伝えようと決心したら、気持ちがラクになった」(20代女性)というように、最悪の事態を想像すると、かえって踏ん切りがつくようです。とはいえ、投げやりな告白ではうまくいくものもうまくいかなくなるので、希望は持ち続けましょう。

  • 【9】ネイルやメイクなど、当日できることの総仕上げを万全にする

    「鏡の前で2時間は粘った。その甲斐あって自信を持ってのぞめました」(20代女性)というように、いよいよ本番が迫ったら、少しでもいい印象を残せるようできるだけのことはしたいもの。自分の気持ちを高めるためにも、細部までぬかりなく整えましょう。

満足のいく告白をするためには、計画的にことを運ぶことが大切なようです。これ以上は無理というくらいしっかり準備をすれば、もし振られたとしても「精一杯がんばった」と自分を褒めてあげたくなるでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock