「次」も誘ってもらえるお食事デートの最後の一言9パターン


気になる男性に食事に誘われて楽しい時間を過ごしたあとは、どんな言葉で締めくくれば、また声をかけてもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『次』も誘ってもらえるお食事デートの最後の一言」をご紹介します。

  • 【1】「ごちそうさま」と代金を支払ってくれたことへの感謝を伝える

    「『男が払って当然』という態度の子もいる中で、誘ってよかったと思えるから」(20代男性)というように、支払いに対するお礼を伝えるのは、最低限のマナーともいえるでしょう。「私にも払わせて」と財布を取り出せば、自然な動作に映るかもしれません。

  • 【2】「ステキなお店を知ってるんだね」と店のチョイスを褒め称える

    「グルメサイトの口コミを見比べて検討しまくった甲斐があると思いました」(20代男性)など、レストラン選びのセンスの良さを評価するのもよさそうです。「こういうお店、ほかにも知ってるの?」などと付け加えれば、次回のデートの話がスムーズに進むかもしれません。

  • 【3】「今度はおいしいお酒が飲みたいな」と次回につながる要望を出す

    「『よーし、任せとけ!』って俄然やる気が出ますね」(20代男性)というように、ごく控えめでも何らかのリクエストをすると、男性は張り切って期待に応えようとするようです。ただし、「ハモが食べたいな」などと高価な料理をせがむと、お行儀が悪いと思われかねないので、気をつけましょう。

  • 【4】「おいしかった。また来ようね」と再訪したい希望を語る

    「次は何を食べさせてあげようかなとワクワクします」(20代男性)など、その店を気に入ったことを告げて、次の来店を暗黙の了解事項としてしまうのもよさそうです。「次は魚料理も試してみたいね」などと具体的に踏み込んでしまいましょう。

  • 【5】「今度は私のお勧めのお店に行こうね」とお返ししたい意思を表明する

    「どんな店に連れて行ってくれるのか楽しみになります」(10代男性)というように、さりげなく「次は自分が」と申し出れば、無理なく約束を取り付けられそうです。代わりばんこにお勧めの店を紹介しあうデートの無限ループが実現するかもしれません。

  • 【6】「私の好きなタイプのお店だった」と好みが近いことを強調する

    「センスが似ていることがわかったら、どんどん行きつけの店を紹介したくなります」(20代男性)など、好みが似通っていることがわかったら、ほかにも共有できるものを探してしまうのが男性というもの。料理だけでなく、BGMや内装などにも着目すると、アンテナに引っかかる店をいくつもピックアップしてもらえそうです。

  • 【7】「まだ話し足りないかも」と次のデートへの期待をこめる

    「よほど楽しかったんだなとうれしくなります」(10代男性)というように、愉快な時間があっという間に過ぎてしまったことをアピールするのもいいでしょう。「さっきの話の続きを聞きたいな」とダメ押しすると、説得力が増しそうです。

  • 【8】「一緒に食べるとおいしいね」と二人でいる楽しさを訴える

    「『俺で良ければまた一緒にゴハン食べようよ!』と言いたくなった」(20代男性)など、いっそ二人でいられる喜びにフォーカスしてしまえば、好意がより伝わりそうです。「一人でご飯食べるの、もう飽きちゃった」などとぼやいて同情を買うのも一案でしょう。

  • 【9】「次は私にもお金出させてね」とけなげな言葉を付けくわえる

    「控えめな言い方だけど、実は俺を誘ってる?とうれしくなります」(20代男性)というように、今度は自分がご馳走したいと申し出れば、「次回」を既定路線にできるうえ、関係の進展を望む気持ちも伝わりそうです。とはいえ、強引に話を進めすぎないほうがいいでしょう。

気になる男性に誘ってもらったからには、ぜひとも2回目のデートにうまくつなげたいもの。好感度の高い一言を絶妙なタイミングで告げることで、最大限の効果を狙いたいものです。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock