思わず抱きしめたくなる?おバカ系女子の愛すべき発言9パターン


「女子はちょっと抜けているほうがかわいい」という意見は根強いもの。では、男心に突き刺さる「おバカ発言」とは、いったいどのようなものなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「思わず抱きしめたくなる?おバカ系女子の愛すべき発言」をご紹介します。

  • 【1】ゴミを分別しながら「空き瓶って燃えるっけ?」

    「空き瓶は燃えないけど、俺の心が萌えた」(20代男性)など、あまりにも一般常識を知らない女子は、男性の「守ってあげたい」という本能を大いに刺激しそうです。「燃えないよ」と教えてもらったら、大げさに驚くとともにお礼を言うのも忘れないようにしましょう。

  • 【2】海水浴に来て「地球は丸いのに、なんで海の水は落ちないの?」

    「気持ちはわかるけど、その疑問は小学生で卒業するだろ…と突っ込みたくなる(笑)」(20代男性)など、まるで子どものように無垢な問いかけも、時にキュートさの演出につながるようです。腑に落ちないことがあれば、天真爛漫にどんどん質問してみましょう。

  • 【3】フライを食べながら「ウスターソースの反対はコイターソース?」

    「ピュアな表情がかわいすぎたし、『薄い』『濃い』だと気付いた自分もほめてあげたい」(10代男性)というように、常人には思いつかない斬新な発想で男心を翻弄するパターンです。ただし天然ボケを装った「養殖」発言は、わかる人には見抜かれてしまうので、あまり凝りすぎないほうがいいでしょう。

  • 【4】ゴルフ練習場を指差しながら「ゴルフのやりっ放しだっけ?」

    「若干エロい発言に聞こえるところが、またいい」(20代男性)など、うろ覚えによる言い間違いが男性をキュンとさせることもあるようです。「コンクリートのやりっ放し」などのバージョンを増やして、男性のハートをさらに強くつかんでみましょう。

  • 【5】名古屋名物を食べに行って「鰻のひまつぶしください!」

    「その天然トークが、むしろこっちのいいひまつぶしになる」(20代男性)というように、「櫃(ひつ)」に「まぶす」と理詰めに考えない無邪気さが、好意的に思われるパターンです。小さなことを気にしないおおらかな振る舞いで、周囲を和ませてしまいましょう。

  • 【6】急にかしこまって「では、なにそつよろしくお願いいたします」

    「『何卒』って字面で覚えたらしいけど、真面目な顔で言うので思わず吹き出した」(20代男性)など、漢字の読み間違いは、「ちょっと抜けている女子」のあるある行動の一つでしょう。背伸びしたつもりなのに失敗してしまう危うさが、男性をハラハラさせて放っておけないと思わせるのかもしれません。

  • 【7】領収書を見て「『上』って苗字の人、多いんだね」

    「まだ学生だからわからないよねと、親心みたいなものが芽生えた」(20代男性)というように、社会経験の少なさゆえの「おバカ発言」で、周囲をあたたかい気持ちにさせるパターンです。勘違いを指摘されたら、「知りませんでした!」と素直に受け入れると好感度が高いでしょう。

  • 【8】大入袋を見て「大人だけがもらえる袋なのかな?」

    「遠目では『大人袋』と読めるけど、そもそも『子ども袋』とかないし」(10代男性)というように、思い込みによる読み間違いもお茶目なミスだと思ってもらえそうです。愛すべき「おバカキャラ」としての評価が定着すれば、意中の人にも妹のように構ってもらえるかもしれません。

  • 【9】人が吸うタバコの銘柄を見て「メンソーレが好きなんだね」

    「それは沖縄弁の『いらっしゃい』だよと教えたあとで、『なんくるないさー』となぐさめた」(20代男性)など、ギャグ的な要素をはらんだ「おバカ発言」で楽しいムードを作るパターンです。タバコのことをよく知らない点も男性ウケにつながるでしょう。

「おバカ発言」は、恋愛において大きな武器になり得るようです。「計算高い女子」には繰り出せない天然発言で、男心を大いに揺さぶりましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock