サプライズを超えてただただ恐ろしかった誕生日のドッキリ9パターン


愛する彼氏の笑顔が見たくて、誕生日にサプライズを計画するのは珍しいことではないでしょう。とはいえ、あまりに自分本位で考えてしまうと、喜びを通り越して恐怖を抱かせてしまうおそれがあるので、注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「サプライズを超えてただただ恐ろしかった誕生日のドッキリ」をご紹介します。

  • 【1】なぜ友達や家族まで駆り出す!「欧米ばりのフラッシュモブ」

    「街中で急に人が踊ったり歌ったりするやつ。怖い!」(20代男性)というように、たくさんの人の協力を仰いでミュージカルばりのお祝いショーを演出するパターンです。恥ずかしがり屋の男性にとっては拷問なので、やるとしてもせいぜい貸切レストランなど、クローズドな場所で実施しましょう。

  • 【2】もしかして別れ話?「大事な話があると呼び出す」

    「心臓に悪いから神妙な雰囲気はやめてほしい」(20代男性)というように、いつになくかしこまった態度で臨み、ビビらせてしまうパターンです。生真面目な彼氏の場合、よからぬ想像をさせてしまうので気を付けましょう。

  • 【3】もはや別れられません「高額すぎるプレゼント」

    「さすがに、月給より高いプレゼントとかもらうと引きますね」(10代男性)というように、分不相応な高級品をプレゼントして、及び腰にさせてしまうパターンです。いくら彼氏が喜びそうなものだとしても、無理をしてまで買ってあげるのはかえってリスキーかもしれません。

  • 【4】ただただ恥ずかしい「大型ビジョンにメッセージ」

    「脇汗がびっしょり出てその場から逃げたくなった」(20代男性)というように、大型ビジョンや看板などを使ったお祝いで、彼氏を晒し者にしてしまうパターンです。目立つことを好まないタイプには心底嫌がられてしまうので、見極めが肝心でしょう。

  • 【5】ムードたっぷりに歌われていたたまれない「プロの歌手から誕生日ソング」

    「レストランで普通に食事を楽しんでいたら突然目の前で…」(20代男性)というように、プロによるライブパフォーマンスで彼氏を萎縮させるパターンです。ノリの良い男性なら問題ありませんが、コンサートやクラブでも控えめな人にはやめておいたほうが無難でしょう。

  • 【6】いつの間に入った!「帰宅したらお祝いの飾り付けでいっぱい」

    「合い鍵も渡してないのに、恐ろしくなった!」(10代男性)というように、彼氏の知らぬ間に部屋をデコレーションし、不信感を抱かれるパターンです。たとえ合い鍵を渡されていても、勝手に侵入するだけで怒りを買う可能性もあるので、よく考えたほうがよさそうです。

  • 【7】業を煮やしちゃった系?「まさかの逆プロポーズ」

    「もはや自己満で、誕生日プレゼントじゃなくね?と思います」(20代男性)というように、斜め上すぎるサプライズで彼氏を興ざめさせるパターンです。ただし、このままいたずらに歳を重ねても仕方がないと感じるならば、撃沈覚悟で臨むのもアリかもしれません。

  • 【8】お互いの夢に向かって私ができること?「前向きな別れを提案する」

    「誕生日のお祝い気分がいきなりお通夜に…」(20代男性)というように、誕生日を良い機会にと「関係の発展的解消」を切り出して、気まずいムードを招くパターンです。お互いのためを思っての結論でも、お祝いの日にふさわしい行動ではないので、日を改めましょう。

  • 【9】ニッコリ笑顔で「赤ちゃんできちゃった」

    「有無を言わさない祝福ムードに、狂気すら感じましたね」(20代男性)というように、誕生日のお祝いとして妊娠の事実を告げて、ただただ驚かせてしまうパターンです。もともと婚約しての交際でもない限り、誕生日とは別に打ち明けたほうが良いかもしれません。

以上のように独りよがりなサプライズは最悪の結果を招きかねません。せめて計画時に友達に相談するなどして第三者の意見に耳を傾けたいものです。(熊山 准)
Photo:All images by iStock