「ホントに付き合ってる?」と聞きたくなる不思議なカップル9パターン


男と女の付き合い方はそれぞれです。しかしあまりに奇妙な関係の場合、自分としては「ちゃんと交際している」と信じていても、周囲からは「それって付き合ってないんじゃ…」と訝しく思われているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『ホントに付き合ってる?』と聞きたくなる不思議なカップル」をご紹介します。

  • 【1】ゲームで知り合い、一度も会ったことがない

    「直接会ったことがないって、何時代の話?」(10代女性)というように、オンラインゲーム上の交流だけで交際を決め、「付き合っている」パターンです。きっかけはそれでも構いませんが、会うことに対してお互い抵抗があるなら、やはり交際とは呼べないのではないでしょうか。

  • 【2】まったく言葉が通じない外国人同士である

    「逆にどうやって付き合ったか知りたい(笑)」(20代女性)というように、言葉の壁が依然としてありつつ、交際しているケースです。言葉はコミュニケーションの基本なので、「勘違いだった」とならないよう、一度通訳を交えて確認したほうがいいでしょう。

  • 【3】年に一度しか会わない遠距離恋愛を続けている

    「寂しくないのか純粋に気になる」(20代女性)というように、会える回数が少ないにもかかわらず、ただでさえ難しいとされる遠距離恋愛を、さらに厳しい状況で成立させていると、周囲に心配されてしまうようです。本当に信頼関係があるのなら、非常にすばらしいことですが、彼氏に少しでも不穏な兆候があったら、確認する勇気を持ちたいところです。

  • 【4】お互いに浮気を認めている

    「価値観が突飛すぎて理解できません!!」(20代女性)というように、通常はタブーとされる「浮気」を容認しているのも、第三者には理解されがたいようです。彼氏からの一方的な押し付けのルールなら、いくら好きでも合わせることはないでしょう。

  • 【5】同棲しているのにほとんど会わない

    「一緒にいたいから同棲したんじゃないの?と突っ込みたくなります」(20代女性)というように、生活時間が合わない同棲カップルに疑問を感じる人も多いようです。もし、同棲でもしないとなかなか会えないほど多忙なのであれば、それが自分たちのスタイルなのだと周囲に説明するしかないでしょう。

  • 【6】一人暮らし同士なのに家に行ったことがない

    「どっちかに本命がいそう」(20代女性)というように、ある程度の交際期間があれば、自然にお互いの家を行き来するものなので、「どちらかが同棲、もしくは結婚しているのでは?」という疑惑が持ち上がるようです。一度事実確認をする必要があるでしょう。

  • 【7】長い付き合いなのに手もつないだことがない

    「愛されてないのか不安になりそう」(10代女性)というように、何のスキンシップもない関係は、「本当にそれで大丈夫なの?」と外野に心配されてしまうようです。過度に大切にされている可能性もあるので、自分のほうから一歩踏み込んで反応を確かめてはいかがでしょうか。

  • 【8】SNSで再会した同級生と会わずに交際している

    「過去の記憶だけで付き合うのはちょっと危険じゃない?と思います」(20代女性)というように、いくら知り合いでも、何年も会っていない相手と付き合うことに疑問を感じる人もいるようです。ネット上の再会は盛り上がるものですが、交際は実際に会ってからにしたほうが安心なのではないでしょうか。

  • 【9】元カノと3人でシェアハウスに住んでいる

    「絶対に気まずいと思う」(20代女性)というように、過去の交際相手と現在の交際相手が一緒に住むという状況は、やはり特殊と言わざるを得ないようです。お得感というメリットだけで割り切れるものではないので、嫌なら嫌ときちんと伝えたほうがいいでしょう。

世の中には、かなり特殊な交際形態があるようです。愛情に対する不安要素を含むものもあるので、もし自分が持ちかけられたら、お互いに気のすむまで議論してはいかがでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock