それ逆効果だから!非モテ男子を余計に落ち込ませる慰め9パターン


男友達が好きな女性に振られて落ち込んでいたら、とにかく励まそうとして声を掛けてしまうもの。しかし慎重に言葉を選ばないと、慰めるどころか傷口に塩を塗ることにもなりかねないので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「それ逆効果だから!非モテ男子を余計に落ち込ませる慰め」をご紹介します。

  • 【1】それっていつだよ!と問い詰めたい「そのうちいい人が出てくるから」

    「何時何分何秒に出会えるんですか!とヤケクソな気持ちになります」(20代男性)というように、根拠なく明るい未来を予言しても、無責任だと思われてしまうようです。「いい人が現れるといいね」などと「願望」の形で言えば印象が違ってくるかもしれません。

  • 【2】告白の断り文句と一緒!「あなたはマジメだからきっといい彼女ができる!」

    「振られたときのセリフがまさにそれだった…辛いです」(10代男性)というように、慰めの言葉が男友達にとっての地雷ワードだったケースです。不用意に傷つけないためにも、失恋の経緯をさりげなく聞き出しておきましょう。

  • 【3】見た目はダメってこと?と言いたい「きっと中身を見てくれる人が現れるよ」

    「ブサメンってことでダメ押しされた気分」(20代男性)というように、むやみに人柄を褒めても、曲解されてしまうことがあるようです。ビジュアルがイケてない男性を慰めるときは、うっかり本音をにじませないように注意したいものです。

  • 【4】なぜ誰も俺に振り向かない?と余計に凹む「女なんて星の数ほどいるから」

    「たくさんいるのに誰とも付き合えない俺っていったい…って気持ちになります」(20代男性)というように、定番の「星の数ほど…」も、失恋直後の男性が素直に聞ける言葉ではなさそうです。「女なら誰でもいいわけではない」という男心に配慮しましょう。

  • 【5】なら君が付き合ってくれ!と言いたい「相手に見る目がなかったんだよ!」

    「『じゃあ僕のどこがイケてるの?』と聞いても答えが返ってこなさそう」(20代男性)というように、相手の女性の「見る目のなさ」に触れてみても、慰めにはならないようです。いっそ「見返してやりなよ!」などとはっぱを掛けたほうが心に響くかもしれません。

  • 【6】できたら苦労しねぇよ!と突っ込みたくなる「さっさと忘れるのが一番だよ」

    「そんな軽い気持ちで恋愛してないのに…」(10代男性)というように、早く忘れるように促すのも善し悪しのようです。このタイミングなら、むしろ「すぐには切り替えられないよね」などと共感してあげたほうがいいでしょう。

  • 【7】俺の髪型や服はダメなのか…!と問いたい「イメチェンしてみたら?」

    「ガックシ…って感じです。やっぱイケてなかったんだと思って」(20代男性)というように、遠回しに見た目がイケてないことを指摘すると、オシャレを頑張っている男性にショックを与えてしまうようです。「路線を変えたら?」などとやんわり提案してはいかがでしょうか。

  • 【8】これ以上はもう頑張れない!と弱音を吐きたくなる「もっと頑張りなよー」

    「これ以上なにをすればいいのか分かりません!」(20代男性)というように、本人の努力が足りないかのような言い方をすると、反感を買ってしまうようです。ひとまず「頑張ってたのにね…」などと寄り添ってあげるのが優しさでしょう。

  • 【9】この俺に恋は無理ってこと?と問いたい「まあ恋愛が人生のすべてじゃないし」

    「つまり恋愛は不向きって宣告ですよね?」(20代男性)というように、「恋人の有無など大したことではない」とフォローしたところで、非モテ男性には「諦めろ」と言われたに等しく受け止められてしまいます。素直に次の恋愛を応援してあげましょう。

面倒くさい非モテの男心が見える結果となりましたが、少しでも言い回しに配慮してあげると、「癒し上手」として感謝されるかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock