「バツイチ子持ち」でも恋愛相手に困らない女性の特徴9パターン


「バツイチ子持ち」というと、恋愛においてさまざまなハードルがありそうなものですが、なかには未婚女性に比べてモテモテな人もいるようです。では、どんな「バツイチ子持ち女性」が男性の心を惹きつけるのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『バツイチ子持ち』でも恋愛相手に困らない女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】身ぎれいにしていて、とてもバツイチ子持ちには見えない

    「予備知識なしに出会ったので、子持ちと聞いてびっくりした」(20代男性)というように、およそお母さんに見えないパターンです。恋愛市場に参戦し続けるためには、子育てに追われながらも化粧やファッションに気を抜かず、一定の容姿を保つ必要がありそうです。

  • 【2】「俺がどうにかしなくちゃ!」と思わせるほど頼りない

    「どうやってこの先、母一人子一人でやっていくのかハラハラする」(20代男性)というように、守ってあげたいと思わせるパターンです。「生活に手一杯で、新しい恋なんて考えられない」という態度こそが、新たな出会いを呼び込むのかもしれません。

  • 【3】子どもが幼すぎたり、すでに大人になっているため、恋愛の障壁になりにくい

    「子どもが自分に懐いてくれればそれでいい」(30代男性)というように、子どもの有無が問題にならないパターンです。あくまで子どもの気持ちが優先で、自分の恋は二の次という謙虚な姿勢でいると、誠意ある男性との縁が生まれそうです。

  • 【4】男に頼らなくても生き抜く覚悟が感じられる

    「男に甘えない、媚びを売らない様が凛としてカッコいい」(20代男性)というように、子どもを守りながらたくましく生きる姿が尊敬できるパターンです。どんなにひどい過去があっても、それを乗り切って前を向く強さがモテの理由かもしれません。

  • 【5】「前の旦那に騙されたんだな」と気の毒になるほど素直である

    「世間を知らなさすぎて、子持ちなのに無垢な少女みたいなところがある」(20代男性)というように、人を疑うことを知らない純粋無垢さで、心を引き寄せるパターンです。「別れた夫は初恋の相手だった」などと説明すると、「たまたま悪い相手と結婚しただけ」といいように解釈してもらえそうです。

  • 【6】バツイチになった背景に、「死別」などやむにやまれない理由がある

    「本人の責任じゃないことが原因でバツイチだと『かわいそうだな』と同情してしまう」(20代男性)というように、どうしようもない理由で独り身になってしまったパターンです。むしろそんな悲劇のヒロインを救ってあげたくなってしまう男性は多いのかもしれません。

  • 【7】初婚が10代だったため、「若さゆえの過ち」で流せそうな雰囲気がある

    「誰しも若い頃は失敗するんだから、結婚だって間違えることもある」(30代男性)というように、「若気の至り」と見なすことで、男性側の気持ちが整理できるパターンです。勢いだけで突っ走ってしまった過去があっても、今を大事に生きていれば、理解は得られるでしょう。

  • 【8】バツイチどころかバツ2、バツ3で、本人にとんでもない魅力がありそうに見えてしまう

    「結婚をくり返しているってことはそれだけモテるってこと」(30代男性)というように、いくつになっても男からモテ続ける素質があるパターンです。場合によっては、悪女的な魅力も期待されるのかもしれません。

  • 【9】はた目には悲惨に見えても本人はいたって明るく元気である

    「この人となら嫌なことがあっても笑い飛ばせるような気がする」(20代男性)というように、ポジティブに明るく生きていく力があるパターンです。そうした強さの中で、たまに見せる弱さのギャップもまた、男性を萌えさせてしまうのでしょう。

いずれにせよ「バツイチ子持ちらしくない」ことがポイントであるようです。次の恋を探すバツイチ子持ち女性は、参考にしてみてはいかがでしょうか。(熊山 准)
Photo:All images by iStock