衣替えでドキッ…!!男子がときめく「秋の制服コーデ」9パターン


衣替えをすると、気分も一新。クラスメイトの久しぶりの「冬服」姿を見て、新鮮なときめきをおぼえる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「衣替えでドキッ…!!男子がときめく『秋の制服コーデ』」をご紹介します。

  • 【1】「萌え袖のカーディガン」を羽織る

    「カーディガンの袖を指先でつかむ姿がたまらない」(10代男性)というように、長めの袖丈のカーディガンを着る女子を見て「かわいいな」と感じるケースです。全体的にオーバーサイズ気味のものを選ぶと、幼さが際立ち、魅力が増すのではないでしょうか。

  • 【2】生脚で「短いスカート」をはく

    「ミニスカートは鉄板でいい!」(10代男性)というように、秋空の下で見かける寒々しい生脚に、独特の魅力を感じる男子もいます。自然と脚に視線が集まるので、ムダ毛の処理は念入りに行ったほうがいいでしょう。

  • 【3】「モコモコのコート」で防寒する

    「マスコット的なかわいさがある」(10代男性)というように、ダッフルコートなどボリュームのあるコートを着た女子に、ぬいぐるみに抱くのと同じような愛着をおぼえるパターンです。特に寒い時期にはイヤーマフをプラスすると、さらに「かわいらしさ」を強調することができそうです。

  • 【4】スカートに「黒タイツ」を合わせる

    「生脚よりも大人なイメージ」(10代男性)というように、スカートに黒タイツを合わせると、若さよりも「落ち着き感」をアピールすることができそうです。黒タイツには見た目の印象を引き締める効果もあるので、脚の細さに自信のない人にもぴったりでしょう。

  • 【5】上着をカラフルな「スウェット」にする

    「おしゃれな子は、今みんなスウェットです」(10代男性)というように、ここ数年のトレンドアイテムであるスウェットには、おしゃれ上級者のイメージがあるようです。カラフルなスウェットトップスは、暗い色でまとまりがちな冬服コーデの差し色としても最適でしょう。

  • 【6】スニーカーに「短めの白ソックス」をはく

    「元気な子って感じがする」(10代男性)というように、スニーカーに白ソックスを合わせることで、アクティブな印象が植え付けられるようです。赤やピンクなどビビッドカラーのスニーカーをチョイスすると、快活さと女の子らしいかわいらしさを両立させられるのではないでしょうか。

  • 【7】シャツのボタンを2つ開ける

    「セクシーでドキッとしちゃいます(笑)」(10代男性)というように、少し大胆に開けた胸元に、思わず注目してしまう男子も多いようです。ジャケットの下にベストを挟めば、必要以上に胸元が開くこともないので、安心してトライできるのではないでしょうか。

  • 【8】「ボリュームのあるマフラー」で口元を覆う

    「マフラーに埋もれている感じがかわいい」(10代男性)というように、ボリュームのあるマフラーをゆったりと巻くことで、小動物的なかわいらしさを醸し出すパターンです。顔の一部を隠すことで小顔効果も期待できるので、一石二鳥といえるでしょう。

  • 【9】「タイトなセーター」で胸のラインを強調する

    「秋冬はセーター、春夏はTシャツが一番胸の大きさを確認できる(笑)」(10代男性)というように、ジャストサイズのセーターで、胸のふくらみを強調すると、男子の視線を集めそうです。肌を露出するのと違い、清楚な印象を保つことができるのも、ポイントではないでしょうか。

スカート丈やシャツのボタンの開け具合などを工夫することで、新たなアイテムを投入せずとも異性をドキドキさせる着こなしが完成するようです。お小遣いと相談しつつ、衣替えを楽しみましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock