「恋の悩み」を聞いてくれそうな男友達を見極めるポイント9パターン


彼氏や意中のカレの気持ちを知りたければ、身近な男性に話を聞いてみるのが手っ取り早いもの。とはいえ、相談相手を間違うと時間の無駄になるばかりか、男心を誤解する原因にもなりかねないので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『恋の悩み』を聞いてくれそうな男友達を見極めるポイント」をご紹介します。

  • 【1】アドバイスをする前にまず話を聞こうとしてくれる

    「話の腰を折ったり、どんどん脱線してしまう人はダメですね」(10代女性)というように、おしゃべりすぎる男性は、総じて相談相手には向いてなさそうです。人の話にじっくり耳を傾けてくれるタイプを選びましょう。

  • 【2】仕事や勉強などに取り組む姿勢がマジメである

    「ふざけてるヤツは相談中もふざけているので」(20代女性)というように、やはりデリケートな話をするときには、それなりの対応をしてくれそうな男性をチョイスするのがよさそうです。終始マジメではなくても、「ここぞ」というとき真剣になれる人ならアリかもしれません。

  • 【3】気になっている男性と年齢や性格が似ている

    「一回り上の男の人が好きなので…」(20代女性)というように、意中の男性と共通点がある相談相手のほうが、タメになるアドバイスを聞くことができそうです。容姿よりも、スペックや内面に似ているところがある人にお願いしてみましょう。

  • 【4】幼なじみなど、お互いを昔から知る間柄である

    「変に気を遣わず、ぶっちゃけて話してくれるので」(20代女性)というように、男女の垣根を意識せずにリラックスして話せる男性も、相談相手として安心できそうです。頼りになる幼なじみが身近にいるのなら、恋愛指南役になってもらってはいかがでしょうか。

  • 【5】モテすぎず、モテなくもなく、恋愛経験がほどほどにある

    「多分、非モテもめちゃモテも参考にならないと思う(笑)」(10代女性)というように、相談相手には、ほどほどの恋愛経験を求めたいものです。あまり極端な人よりも、「一年程度彼女がいたことがある」くらいの男性がちょうどいいかもしれません。

  • 【6】アドバイスが自分の体験談に限らない

    「その人の経験が、必ずしも自分の参考になるわけではないですよね」(20代女性)というように、いつの間にか自分語りに入ってしまうタイプの男友達も役に立たないようです。相手の口から「わかる!俺も昔さ…」的な言葉が何度か出てきたら、別の人に切り替えましょう。

  • 【7】相手の顔色をうかがわず、ダメなことはダメとハッキリ言える

    「普通、『頑張って』とか『応援してる』とか言うでしょ。でも無理って言ってくれる人のほうが本気かも」(20代女性)というように、耳が痛いことをずけずけ言えるタイプのほうが相談相手として信頼できそうです。あえて「空気を読まない男友達」を探してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「オネエ系」の噂がある

    「男と女、両方の気持ちを知っていそう」(20代女性)というように、中性的な雰囲気をたたえた男性に心当たりがあるなら、相談してみるのもいいでしょう。切れ味鋭いアドバイスからお説教までガンガン浴びせてくれるかもしれません。

  • 【9】自分のことを恋愛対象として見ていない

    「こっちは何とも思ってなくても、向こうに下心があると、好きな相手のことを悪く言ったり、私を口説いてきたり…とか面倒なことになるので」(20代女性)というように、恋愛関係になりえない男友達を選ぶのも大事なことかもしれません。恋愛対象ではなく一人の友人として接してくれる人を探しましょう。

相談相手として頼りになる男友達はいろいろと考えられますが、基本的には「人として信頼できて聞き上手」というところがポイントになるのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock