うれしいけど微妙…!?女性にタッチされたくない体の部位9パターン


男なら、誰でも女性とのスキンシップを喜びそうなものですが、なかには触られると微妙に感じるパーツも存在するようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「うれしいけど微妙…!?女性にタッチされたくない体の部位」を紹介します。

  • 【1】触るとガリガリなのがはっきりわかる「背中」

    「弱々しい印象をあたえるのがイヤ」(10代男性)というように、スリムな体型をコンプレックスに感じている男性は、骨が浮き出た背中を隠したがることがあるようです。ダイエットを誇っている人ならともかく、体育会系男子の場合は、軽い気持ちでもタッチするのは避けたほうがいいかもしれません。

  • 【2】実は指毛がすごいんです…「手の甲」

    「毛深い男って敬遠されるでしょ?すごい気になります」(10代男性)など、女性が考える以上に体毛を気にする男性もいます。胸毛や背中の毛なら直接触れることはなさそうですが、手の甲は意外な盲点なので配慮したいところです。

  • 【3】触ると鍛えていないのがバレバレの「二の腕」

    「『筋肉ないね』としみじみ言われてえらくショックだったことがあります(苦笑)」(20代男性)など、ナヨナヨぶりがばれてしまう二の腕も、触られたくない場所のようです。力自慢の男性でなくても、非マッチョを恥じている場合があるので、「筋肉の象徴」のようなパーツはベタベタ触らないほうがいいでしょう。

  • 【4】敏感体質で「ヒッ」と情けない声が出る「首筋」

    「若干、性感帯があってビクッとしちゃう(笑)」(20代男性)というように、人によって敏感過ぎて苦手に感じるスポットもあるようです。首筋などの微妙なラインは、よほど親しい間柄でない限り触るべきではないでしょう。

  • 【5】ガサガサですみません!「唇」

    「女の子みたいにリップとかを付ける習慣がないので、気が付くとヒビ割れてたりしますね」(10代男性)というように、女性なら当たり前の「唇のケア」をしたことのない男性は多いようです。そもそも気安く触るような場所でもないので、不意に手が当たりそうになっても避けるくらいが正解でしょう。

  • 【6】着やせして見えるけど、実はたぷたぷの「お腹」

    「たるんだお腹だけは触られたくない!」(20代男性)など、体型の緩みの象徴のような「腹肉」を知られたくないと思っている男性もいます。六つに分かれた腹筋を誇っていたり、デブキャラを売りにしている男性なら別ですが、そうでない人のお腹には触らないほうがよさそうです。

  • 【7】実は手汗がひどいので恥ずかしい「手のひら」

    「自分でも気持ち悪いと思うので、しょっちゅうハンカチでぬぐってます」(20代男性)というように、手汗を気にする男性は少なくないようです。もしこちらから握った手がしっとりしていても、何も言わないのが礼儀でしょう。

  • 【8】脂性なので引かれそうで怖い「おでこ」

    「テカテカの脂なんて、女子の指には付けたくないですよ!」(20代男性)など、皮脂の分泌が良すぎる男性は、それが他人の体に付着することを恐れているかもしれません。わざわざ触らないのはもちろん、一目見ただけで「脂ギッシュだ」と思ったとしても、見て見ぬふりをするのが優しさではないでしょうか。

  • 【9】実は薄さをごまかしている「頭頂部」

    「『あれ、もしかして薄い?』なんて言われた日には冷や汗ダラダラです」(20代男性)というように、男性のコンプレックスの代表格である「薄毛」も隠したがる人が多そうです。ヘアスタイルでごまかしている可能性もあるので、髪の毛のタッチは全般的に控えたほうが良いかもしれません。

加齢や肥満など、重大なコンプレックスに直結するパーツは意外に多いようです。親密度を深めようと思ってかえって引かれてしまうこともあるので、十分に注意したほうがよいでしょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock