LINEで自撮りを送ってくるナルシスト男への適当な返信9パターン


女性ならともかく、男性の自撮りほどコメントに困るものはないでしょう。なぜか自分にしつこく送りつけてくる男性がいたら、どのようにかわすのが無難なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「LINEで自撮りを送ってくるナルシスト男への適当な返信」をご紹介します。

  • 【1】今日の俺だよ、というコメントに「SNSにアップしなよ」

    「暗に私は興味ないからと言っているのに、『そうだよね、みんなも見たいかも』と勘違いしてくれた」(10代女性)など、SNSへのアップを勧めるのは逸らし方として有効かもしれません。自撮りエネルギーの矛先を個人から大勢に向けさせたら、あとは放っておきましょう。

  • 【2】鏡に映し出された全身像に「部屋きれいだね」

    「とりあえず部屋を褒めたら『掃除が好きなんだよ』とうまく話題が変わった」(20代女性)というように、背景のアイテムで論点をずらす高等テクニックです。毎回、同じ手口で会話を逸らせば、あきらめて自撮りを送る別の相手を探してくれるかもしれません。

  • 【3】ダーツの前でドヤ顔の決めポーズ写真に「わあー、大人ってかんじ」

    「あくまでもダーツへのコメントなのに、『渋いっしょ』と満足げだった」(20代女性)というように、心のこもらない称賛の言葉でその場をやり過ごす人もいます。「クール」「ダンディ」などそれっぽい表現をいくつか使いまわすだけなら、ストレスを感じることなく対応できそうです。

  • 【4】今日の髪型イケてない?という問いに「いつもイケてるよー」

    「髪型とかどうでもいいので適当に返したら、『えー、そう?』と空気を読んだみたいだった」(10代女性)というように、ふんわりとした社交辞令こそがナルシストの出鼻をくじく一手かもしれません。どんな問いにも使える万能な返信内容でしょう。

  • 【5】なんでモテるかわからないよ、という告白に「雰囲気があるから」

    「実際はそれほどモテてないくせに、『やっぱりそうかあ』とまんざらでもなさそうだった」(10代女性)など、特にいいところも思いつかない男性を納得させるには、「雰囲気」という言葉が便利に使えるようです。頭に「独特の」を付け加えれば、さらに喜んでもらえるでしょう。

  • 【6】連続して届く自撮りに「自分のことが好きなのうらやましい」

    「嫌味のつもりだったんだけど、『努力次第で好きになれるよ』と見当違いの返信が来た」(20代女性)というように、自分好きの男子なら、きつめの皮肉をぶつけてもへこたれることはないようです。相手が鈍感であればあるほど、冷たくすることへの罪悪感も薄らいでいきそうです。

  • 【7】さんざん加工したであろう画像に「なんでも器用だよね」

    「別人だよねという意味だったけど、『もはや、アートの領域かも』と鼻高々だった」(10代女性)など、辛辣なツッコミを入れて反応を観察する手もあります。相手の返答を笑えるくらいの余裕が生まれれば、その後の自撮り写真はイラッとせずに流せそうです。

  • 【8】この角度が一番いいかも、という感想に「あと1度右がいいかな」

    「当然冗談なのに、『1度ずらして撮ってみる』と前向きだった」(20代女性)など、冗談とはいえ何かしらのアドバイスをするのは、ちゃんと見たアピールになるので、相手の心証は良さそうです。再送された自撮りに「バッチリ!」と返してフィニッシュさせましょう。

  • 【9】漢字の変換間違いを装って「へえ、すてきな地鶏だね」

    「バカにしたつもりで『地鶏かっこいいね』と送ったら、『地鶏じゃねえよ』とマジレスがきた(笑)」(20代女性)など、漢字の変換間違いには、ナルシスト男の高揚を抑える一定の効果がありそうです。それでも通じない相手は意味不明なスタンプ連打で煙に巻いてしまいましょう。

恋人でもない男の自撮りに興味がわかないのは当然のこと。その場をうまく収めるためには、無難な返信を覚えておきましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock