もうこりごり!二度と浮気男に引っかからないための心得9パターン


女にだらしない彼氏にさんざん苦しめられた過去があるなら、「次こそ誠実な男性と付き合いたい!」と切実に思うもの。本気で「浮気男」を避けるには、どんな心構えで新しい恋にのぞめばいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「もうこりごり!二度と浮気男に引っかからないための心得」をご紹介します。

  • 【1】イケメンに言い寄られても、鉄の意思でスルーする

    「モテるからって浮気するとは限らないけど、確率は高そうだから用心してます」(20代女性)というように、確実に身を守りたいなら、危険要素が少しでもある人とは関わらないほうがよさそうです。「男は顔で選ぶ」という人は、苦い経験を思い出して気を引き締めましょう。

  • 【2】一目惚ればかりしていないか、自分の恋愛傾向を見つめ直す

    「すぐ相手に夢中になって、欠点とかを見過ごしてしまうのがよくないんだと反省した」(10代女性)というように、なぜ浮気男に引っかかってしまうのかを自己分析すると、失敗を防ぎやすくなるかもしれません。親しい友達の意見なども大いに役立ちそうです。

  • 【3】疲れているときや寂しいときは、合コンなどへの参加は控える

    「誰かに甘えたいときは、ロクでもない男でもすがりたくなってしまう」(20代女性)というように、男性を正しくジャッジできない精神状態のときは、あえて出会いをシャットアウトしたほうがいいかもしれません。合コンや異業種交流会など、男性と知り合うきっかけになりそうな集まりには顔を出さないのが賢明でしょう。

  • 【4】会ったばかりで甘い言葉を囁く男性は、ひとまず疑ってかかる

    「やたら褒めてくる人の言葉は、鵜呑みにしないようにしている」(20代女性)というように、口先だけの男にも警戒すべきかもしれません。とはいえ、「お高くとまっている」と思われるのも心外なので、にこやかにあしらいたいところです。

  • 【5】たとえいい雰囲気になっても、初対面の男性とのお泊まりは慎む

    「安売りしても自分が損するだけなので…」(20代女性)というように、よく知らない相手と勢いで一夜を共にしても、なにもいいことはなさそうです。男性に迫られたら、むしろわざとじらして期待を高めるのが、恋愛戦術としては正解でしょう。

  • 【6】相手がどんなに魅力的でも、しばらくは友達として付き合う

    「友達になれば、相手の悪い噂とかもリサーチしやすくなる」(10代女性)というように、じっくり関係を築いていけば、万一のときでも傷つく前に引き返せるかもしれません。ただし、慎重になりすぎてチャンスを逃さないよう、踏み出す勇気は持っていたいものです。

  • 【7】押しに弱いタイプだと自覚し、強引な誘いには極力注意を払う

    「お断りのセリフをいくつか用意しておくと安心です」(20代女性)というように、イヤと言えない性格の人は、男性に押し切られないよう対策を講じておくとよさそうです。相手がしつこい場合は、友達に加勢してもらったり、その場を立ち去るのも手です。

  • 【8】わざと即レスを避けるなど、自分が主導権を握れるよう工夫する

    「駆け引きで優位に立てば、相手に軽く見られずに済む」(20代女性)というように、攻めの姿勢で身を守るのもアリでしょう。とはいえ、相手を翻弄しすぎて「もういいや」と逃げられてしまわないよう、パワーバランスを上手に加減する必要がありそうです。

  • 【9】「浮気は最低だと思う」と、あらかじめ相手に釘を刺しておく

    「『私は浮気には厳しい』とアピールすると、チャラ男は退散していきます(笑)」(20代女性)というように、浮気に断固反対の姿勢を示して、予防線を張る方法です。それでも相手が自分に好意を示してくれるなら、ガードを緩めても大丈夫かもしれません。

再び痛い目に遭いたくなければ、用心に用心を重ねるくらいでちょうどよさそうです。「浮気男ばかりではない」と信じて、めげずに出会いを求めましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock