旅先で出会った男性からの連絡がパッタリ途絶える理由9パターン


旅先で素敵な男性と意気投合したら、「これって運命かも…」などとときめいてしまうもの。しかし現実には、再会を誓って別れたのに向こうからは連絡が来なかった、というケースも多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「旅先で出会った男性からの連絡がパッタリ途絶える理由」をご紹介します。

  • 【1】「旅と日常はまったくの別物」と考えているから

    「普段の生活に戻ったら、いつまでも旅気分ではいられないので…」(20代男性)というように、旅先での出来事を日常に持ち帰らない男性には、再会の約束をあっさり無効にされる可能性が高そうです。相手が一人旅で自由人タイプだった場合、この傾向は覚悟したほうがいいかもしれません。

  • 【2】仕事や学業に忙殺されて、時間が経ちすぎてしまったから

    「落ち着いたら連絡しようとは思ってたんですけど…」(20代男性)というように、日常生活にかまけているうちに、機会を逃してしまうこともあるようです。相手の邪魔にならないよう雑談程度の軽いメッセージを送って、どんな様子か探ってみましょう。

  • 【3】「遠距離恋愛ではきっと続かない」と判断したから

    「付き合ってもあまり会えないなら、連絡しないほうがいいかなと…」(10代男性)というように、残念な結末を予感してフェイドアウトされるパターンです。嫌われたわけではなさそうなので、遠距離を乗り越える自信があるならアプローチしてもいいでしょう。

  • 【4】「向こうは自分のことなんか忘れてる」と思っているから

    「会いたいと思ってるのは自分だけのような気がして、勇気が出なかった」(10代男性)というように、お互い同じ想いなのに、気持ちがすれ違っている可能性もあります。このまま音信不通になったら悲しいので、旅の余韻が消えないうちに連絡したほうがよさそうです。

  • 【5】旅先で演じた社交的なキャラを期待されそうで苦痛だから

    「ヘタに再会してガッカリされたら立ち直れない」(20代男性)というように、素の自分を知られたくなくて、連絡を避ける人もいます。実際再会したときに後悔しないとも限らないので、約束を取り付ける前にじっくり考えたほうがいいかもしれません。

  • 【6】最初から「ひと夏の出会い」のつもりで声を掛けただけだから

    「『楽しい思い出』で終わりにしたらダメでしょうか…」(20代男性)というように、向こうには元から再会する気はなかったのかもしれません。連絡しても返事が来なかったり、来てもそっけない内容だったら、早めに気持ちを切り替えたほうが賢明でしょう。

  • 【7】ほかにも大勢と知り合って、顔と名前が一致しなくなったから

    「いろんな子と連絡先を交換したから、もう誰が誰だか(笑)」(10代男性)というように、「ナンパ男」に引っかかってしまった可能性も捨て切れないでしょう。不意打ちで電話してみて相手と話が噛み合わなかったら、疑惑を深めてもよさそうです。

  • 【8】冷静に考えたら、それほど好みではないと気づいたから

    「旅行中は解放的な気分になってるから、つい盛り上がってしまって…」(20代男性)というように、旅行のほとぼりが冷めて、男性の気持ちが一気にトーンダウンしてしまうケースです。とはいえ、友達として交流を続ければ、まだ望みはあるかもしれません。

  • 【9】実は長く交際している彼女がいるから

    「再会なんかしたら泥沼になるので、連絡をもらってもスルーし続けた」(20代男性)というように、相手に本命のパートナーがいたら、間に割って入るのはかなり難しそうです。浮気男にこだわって時間を無駄にするより、さっさと忘れてしまったほうが身のためでしょう。

理解できなくもない理由もあれば、ひどく身勝手な理由もあるようです。一度こちらから連絡して相手の反応を見てから、再会するべきか判断しても遅くはないでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock