彼女のおかげであか抜けた!俺を変えてくれた「鋭い指摘」9パターン


「自分のダサさ」を正面から突っ込まれて、気分のいい人はいないもの。愛する彼氏に「そこさえ直せばもっとカッコよくなるのに」という改善ポイントを自覚させるには、どんな言い方が効くのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼女のおかげであか抜けた!俺を変えてくれた『鋭い指摘』」をご紹介します。

  • 【1】胸を張って歩くようになった「猫背だと貧相に見えるよ」

    「『立ち姿がとにかく貧乏くさいんだよね…』にはグサッときましたね(苦笑)」(20代男性)というように、姿勢矯正を促したいときは、思い切った言い方のほうが真剣に受け止めてもらえるかもしれません。冗談めかしたりせずにまじめにアドバイスしてあげましょう。

  • 【2】ボサボサな眉を整えるようになった「田舎の中学生みたい…」

    「眉をいじるとヤンキー臭くなると思って放置してたんですが、そのままじゃダメなのだと理解しました」(20代男性)など、女性視点の意見だからこそ、素直に聞き入れてもらえたケースです。必要な道具を揃えてあげるなど、定期的なお手入れを後押ししたいところです。

  • 【3】ボロボロの服を着るのをやめた「くたびれたあなたにはお似合いね」

    「首のところがびろーんと伸びたTシャツを揶揄されて、さすがに恥ずかしかった」(20代男性)というように、服装の無頓着さにチクリと嫌味を言うのもいいかもしれません。ボタンの取れかかったシャツなどは気付いたら直してあげましょう。

  • 【4】さわやかな笑いを心がけるようになった「引き笑いって…芸人みたい」

    「ついクセになっていたようなので、はっきりと言ってもらえてありがたかった」(20代男性)など、周囲に与える印象をお笑いタレントなどにたとえて伝えるのもアリでしょう。ちょっと大げさに物まねしてあげるのも効果がありそうです。

  • 【5】鼻毛を切るようになった「あなたと話してるのか鼻毛と話してるのかわかんなくなった」

    「『鼻毛出てるよ』とはっきり指摘されるよりも、反発心は和らぎます(笑)」(10代男性)というように、ユーモラスな言い方でオブラートにくるむのも一案です。笑い上戸な彼氏なら、普通にウケて気をつけてくれるようになるかもしれません。

  • 【6】すね毛や胸毛を剃るようになった「ク、クマさんみたい…」

    「『毛深いね』とストレートに言われるよりは救いがあります」(20代男性)というように、動物などにたとえて牧歌的な響きを演出すると、無用に傷つけずに済みそうです。「改善してほしい」というニュアンスをにじませるところが腕の見せ所でしょう。

  • 【7】なるべく笑顔でいるようになった「赤ちゃんあやすと泣かれるレベルで怖い顔」

    「生まれつきこの顔だからと開き直ってたけど、さすがにまずいかもと思い始めました」(10代男性)など、普段の表情に問題があるパターンです。不意にスマホで写真を撮って「いつもの顔」を突きつければ、現実を直視してもらえるでしょう。

  • 【8】顔のテカりを脂取り紙で拭くようになった「何で磨いたらそんなに光るの?」

    「『えっそんなにテカッてた!?』と鏡をのぞいちゃいました」(20代男性)というように、あり得ないレベルのテカりであることをひねりのある言い回しで強調する戦法です。脂取り紙をプレゼントしてあげるのもいいかもしれません。

  • 【9】ダイエットを始めるきっかけになった「その年でビール腹?」

    「『接待が多くて大変だもんね…』と同情されて、これはヤバいぞと思い直した」(20代男性)など、「太ったね」「おなか出てるよ」といった直接的な言い方を避ければ、健康を気遣う気持ちが届きそうです。糖質制限メニューの選び方など、ダイエットの基礎知識を伝授してあげましょう。

誰でも、容姿や癖をズバッと指摘されるのは、すぐには受け入れにくいもの。素直に聞き入れやすい言い方を探してみてはいかがでしょうか。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock