「実は褒めてないよね」と男性をへこませる逆効果な言葉9パターン


こちらは褒めているつもりでも、額面通りに受け取ってもらえず、かえって気まずいムードを招いてしまうことがあるもの。特に男性が相手の場合は、どんな言葉に気を付けたほうがいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『実は褒めてないよね』と男性をへこませる逆効果な言葉」をご紹介します。

  • 【1】「面白味のない男」とでも言いたいのかと思う「○○さんって、真面目な人ですね」

    「男としてつまらないんだなとガッカリ」(20代男性)など、「真面目」という言葉には、「つまらない」と似たニュアンスも加わってしまう場合があるようです。せめて「実直な人ですね」と言い換えれば、誤解の余地なく伝わるでしょう。

  • 【2】利用されているだけのような気さえしてくる「いつも優しいよね」

    「都合のいい男ってことでしょうか」(20代男性)など、相手の親切に対してお礼を述べたつもりが、「便利に使える」といった意味に取られることもあるようです。「○○してくれてありがとう」などと個別の事案に触れると、素直に受け取ってもらえるかもしれません。

  • 【3】ルックスはNGと言われているのに等しい「女性は内面を重視するから大丈夫」

    「遠回しにイケてないと言われている気がします」(20代男性)というように、性格の良さを称えているのに、外見をけなしていると解釈されるパターンです。「○○さんのそういうところいいよね」などと具体的なポイントを挙げて褒めるといいでしょう。

  • 【4】オスとして意識されていないことが丸わかりの「○○君て、草食系だよね」

    「まるで『そういう関係にはなれない』と言われてるみたい」(20代男性)など、「草食系」「安全な男」という言い方は、異性としての魅力を否定しているかのように響くこともあるようです。「誠実そう」などに言い換えたほうが無難かもしれません。

  • 【5】恋人としては対象外なんだよね…「○○君になら、なんでも話せちゃう!」

    「緊張感ゼロってことですよね」(10代男性)というように、親しみやすさを称賛するあまりに、無意識に恋人圏外だと認定してしまうパターンです。「親身に話を聞いてくれて、包容力あるよね」などとフォローする必要があるでしょう。

  • 【6】ブサイク系芸人ソックリでも嬉しくない「○○に似てて面白い」

    「よりによってあいつに似てるのかと愕然…」(20代男性)など、イケメン似ならともかく、そうでない人物に似ていると言われて、愉快に感じる男性はいないもの。どうしても誰かに似ていると言いたければ、なるべくイケメン寄りの人選をしてあげましょう。

  • 【7】「どうでもいい人」と同じ意味では?「○○さんて本当にいい人」

    「『いい人どまり』という言葉を苦々しく思い出した」(20代男性)というように、人柄の良さを評価するのに、「いい人」というざっくりした言葉はふさわしくないようです。「純粋」「実直」といった表現にすれば、すんなり受け入れてもらえそうです。

  • 【8】男として見られていないとはっきりわかる「○○君ってカワイイ!」

    「かわいいと言われて喜ぶ男はいないと思います」(10代男性)など、女性がついつい口にしがちな「かわいい」という表現は、必ずしも万能ではないようです。この言葉を使うのは、年下の男性にお姉様扱いされたときだけにしておきましょう。

  • 【9】単なる相談相手止まりなのかとガッカリする「アドバイスをもらうなら○○さんが一番」

    「僕に求めているのは助言だけなのかと…」(20代男性)など、何かに限定した褒め方をしてしまうと、まるでほかの面では何も期待していないかのように思われるかもしれません。どうせなら、「頼りがいがある」などと言ったほうが喜ばれるのではないでしょうか。

こちらに傷つける意図はなくても、逆効果になってしまっては心外なもの。せっかく褒めるのであれば、間違いなく相手を喜ばせるような適切な言葉を選びましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock