男性がすぐに返信したくなるLINEの冒頭文9パターン


LINEで誰かからメッセージが送られてきた場合、スマホの画面通知で冒頭文が表示される設定にしている人も多いもの。気になる男性に「すぐに開いて返信しよう」と思わせたければ、出だしの文章を工夫する必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「男性がすぐに返信したくなるLINEの冒頭文」をご紹介します。

  • 【1】「じつは相談があるんだけど…」と頼りたい旨を伝える

    「相談されるだけで嬉しいし、何を悩んでいるのか単純に気になります」(20代男性)など、女性から頼られることに大きな喜びを感じる男性は多いようです。読んでみて「そんなことで?」と呆れられないよう、それなりの相談を用意しておきましょう。

  • 【2】「ちょっとびっくりしたことがあって!」と展開を期待させる

    「ふだんあまり感情を出さない子だったので、『何があった?』と興奮しました(笑)」(10代男性)というように、あえて続きが気になるような書き方をして、気を引くパターンです。「街で見かけた変な看板」や「ペットの珍事件」など、身の回りで見聞きした些細なことでも上手に利用したいものです。

  • 【3】「【即レス希望】」とストレートに要求する

    「頻繁に使われると引くけど、たまになら素直に即レスしようという気持ちになる」(20代男性)など、下手な小細工をせず、率直に頼むのも素早いレスポンスにつながりそうです。とはいえ、まったく急ぎの用事でないと「何のために?」と思われてしまうので、返信を希望する理由づけはあったほうがいいでしょう。

  • 【4】「誰にも言っていないんだけど」と相手に対する信頼感をほのめかす

    「自分だけを特別に選んでくれたような言い方だと、きちんと対応しなきゃと思います」(10代男性)など、誰にも言っていない秘密を打ち明けるという前振りに食いつく男性は多そうです。冗談を言い合える関係なら、「だって、つい5秒前の出来事だから」とギャグに落として笑いを取るのもありでしょう。

  • 【5】「ニャー!」とネコ語で挨拶をする

    「大人っぽい女性だと、そのギャップと意味不明さに釣られてしまう(笑)」(20代男性)というように、動物語のインパクトで反応を誘う手もあります。すぐに「ワン!」などと返してくれそうな、ノリのいい男性には受けるかもしれません。

  • 【6】「一晩考えたんだけど」と内容の重さをアピールする

    「あまりに深刻そうだと、すぐに『どした?』と返信しますよね」(20代男性)など、何か事情のありそうな雰囲気を出すのも、効果が期待できるようです。「一週間」「一ヶ月」「一年間」と期間を長めに伝えるほど、大変な事態だと思ってもらえるでしょう。

  • 【7】「押忍!」と体育会系のノリで始める

    「まじめそうな子が『押忍!』とか言ってくると、つい面白くなってしまう」(10代男性)というように、体育会系のノリで男性をハッとさせる作戦です。その後はふつうの口調にしたとしても、その落差が楽しいためにやりとりも盛り上がるかもしれません。

  • 【8】「ニュースで見たんだけど」と時事ネタを枕言葉にする

    「『何のニュースだろ』と興味が湧いて、早く知りたくなった」(20代男性)というように、時事ネタはホットな話題に違いないだけに相手の関心を引けそうです。天気予報でも政治の問題でも、とにかくネタを投下し続けて会話をつなげていきましょう。

  • 【9】「拙者が思うに…」と忍者を気取る

    「もう笑うしかなくて、『ニンニン』と続きを促した」(10代男性)など、昔の忍者と最新のITツールという取り合わせの妙は、男性の返信意欲を奮い立たせるかもしれません。最後を「かたじけない」で締めれば、忍者LINEは美しく完結するでしょう。

気になる男性に送るLINEであれば、少しでも早く返信がほしいもの。冒頭文をひと工夫するだけでレスのスピードが格段に上がるということを知っておくとよいかもしれません。(石原たきび)
Photo:All images by iStock