気になる男性と一緒にいて、「時間よ止まれ!」と願ってしまう状況9パターン


男性と一緒にいて思わず「時間よ止まれ!」と願ってしまう瞬間こそ、「恋をしているな」と改めて実感するときなのかもしれません。では、どのようなときにときめきを感じてしまうのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者へのアンケートをもとに「気になる男性と一緒にいて、『時間よ止まれ!』と願ってしまう状況」をご紹介します。

  • 【1】送ってもらっていて、家がすぐそこまで見えてきたとき

    「少しでも長く一緒にいたいと思うから」(20代女性)など、別れを惜しむ気持ちから想像以上に相手を好きになっていると感じる女性は多いようです。目的地が見えてきたら、「あ、もう着いちゃった」とため息交じりにつぶやくだけでも、もっと一緒にいたかったという気持ちを男性にアピールできるでしょう。

  • 【2】終電の時間が近づいているのに、話が盛り上がってきたとき

    「楽しい時間を終わらせるのがツラい!」(20代女性)といったように、永遠に続けられそうな会話に終わりを感じたとき、相手に夢中になっていると気づくことも多いようです。さらに関係性を深めるには、会話にあがった二人だけのキーワードなどをその後も用いてみるといいでしょう。

  • 【3】きれいな夜景や星空を二人でじっと眺めているとき

    「特別な時間をもっと共有したいと思うから」(10代女性)といったように、ロマンチックな時間を分かち合うことで、恋する自分を噛みしめる女性も多いようです。特別な時間だったことをアピールするなら、感想の後に「また一緒に行こうね」の一言を添えることが大切でしょう。

  • 【4】雨が降りだして、二人で相合い傘をしながら歩いているとき

    「距離が近くてドキドキする時間がたまらない」(20代女性)など、物理的に近づいたときの心地良い緊張感から、恋の始まりを意識することもあるようです。男性に意識させるには、自分で傘を持っていても、「ちょっとそこまで入れて」と自分から男性の傘に入ってみるといいでしょう。

  • 【5】公園のベンチなどで、二人でただぼーっと座っているとき

    「安心感があるから落ち着く」(20代女性)といったように、ドキドキ感ではなく、居心地の良さを感じることで男性への好意を実感する女性もいるようです。「なんかこういう時間いいよねぇ」といった何気ない一言で、一緒にいる男性にもいい雰囲気が伝わるのではないでしょうか。

  • 【6】少しぎこちなかった二人が、ささいなきっかけで同時に笑いだしちょっぴり打ち解けたとき

    「ずっと笑っていたいと思うほど、幸せを感じる」(20代女性)など、笑い合うことで初々しいときめきを感じる女性は多いようです。軽くつまずくなど、ちょっとしたドジはごまかさずに笑い飛ばせば、男性も笑顔を見せてくれるでしょう。

  • 【7】男性が自分の話につい夢中になりすぎたと気づき、照れ笑いしたとき

    「いつまでもその顔を見つめていたい」(10代女性)など、男性の素の一面や、はにかむ姿を見て、愛しさで胸がキュンとなる女性も多いようです。また、話しすぎて反省する男性には、「もっと聞きたい」と話を促すと、心を開いてもらいやすくなるでしょう。

  • 【8】ふと会話が途切れて、軽い沈黙が流れたとき

    「無言が気まずいどころか、むしろ心地良いから」(30代女性)といったように、通常とは異なる状況に特別なものを感じる女性もいるようです。また、沈黙が続いたときに、じっと相手の目を見つめると、ムードはさらに高まるでしょう。

  • 【9】並んで歩いていて、手が触れそうなのを感じているとき

    「手に神経を集中する時間にドキドキ」(20代女性)といったように、微妙な距離感に胸が高まることで、恋を感じることもあるようです。一度手を引っ込めてから再び元の位置に戻すなど、ちょっと小悪魔的に相手をじらせば、ドキドキ感はさらに盛り上がるでしょう。

ほかにも「気になる男性と一緒にいて、『時間よ止まれ!』と願ってしまう状況」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock