「うわ、こいつらバカップルだわ」と判断する基準9パターン


大好きな彼氏と二人でいれば、つい人前でもいちゃつきたくなるもの。とはいえ、周囲から「バカップル」扱いされてしまうのは心外なのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『うわ、こいつらバカップルだわ』と判断する基準」をご紹介します。

  • 【1】「○○ちゃん」「××君」はOKで、「ゆきりん」「まちゃ坊」はアウト

    「特にアイドルに似た呼び方だとイラッときます」(10代女性)というように、甘ったるいニックネームで呼び合うカップルは、一発でバカップルの烙印を押されてしまうようです。どうしても甘く囁き合いたければ、二人きりのときだけにしておきたいものです。

  • 【2】色違いのペアルックならOKで、色も同じペアルックだとアウト

    「同じ柄でデザイン違いとかもギリギリセーフだと思います」(20代女性)など、部分的なお揃いコーデなら、「痛い」見た目にならずに済むようです。彼氏のシャツと彼女のスカートをチェックで統一したりすれば、逆におしゃれな印象を与えられるかもしれません。

  • 【3】彼氏が肩を抱いて歩くのはOKで、腰を抱いて歩くのはアウト

    「腰に手を回すのは、せめて暗くなってからにしてほしい」(20代女性)というように、歩きながらいちゃつく場合は時間帯も考える必要がありそうです。どうしても腰を引き寄せたいときは、夜道でこっそり試すほうが無難でしょう。

  • 【4】電車の中でもたれ合うのはOKで、抱き合うのはアウト

    「男の人が彼女を後ろから抱え込むような立ち方とか、目のやり場に困ります」(20代女性)など、電車内での密着の仕方にも厳しい視線が向けられているようです。ごく自然な形で寄り添うのであれば、むしろかわいいカップルだと思ってもらえるかもしれません。

  • 【5】レストランでお互いの食べ物を交換するのはOKで、「あーん」させるのはアウト

    「『このパスタおいしいよ。食べてみる?』『うん。あ、おいしい!』とかやってる分には許せます」(20代女性)というように、相手が注文したものを分けてもらうくらいなら大目に見てもらえるようです。飲み物を一時的に交換する「間接キス」も許容範囲に収まるでしょう。

  • 【6】彼氏が前髪を直してあげるのはOKで、髪をなでるのはアウト

    「前髪を直すのは猿が毛づくろいするみたいでほっこりします」(10代女性)など、お互いの身だしなみを整えてあげる行為なら、お互いを思いやるカップルと映るようです。髪をなでられそうになったときは、彼氏の手を前髪へと導きましょう。

  • 【7】ブリッコ言葉はOKで、赤ちゃん言葉はアウト

    「『どうちたでちゅかー』『おなかがすいたでちゅー』と言い合ってるカップル。サブイボが立ちました」(20代女性)というように、年齢にそぐわない幼稚な言葉遣いは、未熟な印象を与えてしまうようです。「怒ったぞープンプン!」くらいのブリッコ言葉にとどめておきましょう。

  • 【8】カフェのテーブルの上で指をからませるのはOKで、テーブル下で脚をからませるのはアウト

    「お互いの指をツンツンするくらいなら、ほほえましいかも(笑)」(20代女性)など、指先で控えめなボディタッチをしている分には、周囲は温かい目で見守ってくれるようです。間違ってもテーブル下で濃厚なプレイを始めないように心がけましょう。

  • 【9】二人きりのエレベーターでキスするのはOKで、ほかの人もいるエスカレーターでキスするのはアウト

    「エレベーターに乗ったときにカップルがあわてて離れると、『今までチューしてたな?』とピンときますね」(20代女性)というように、キスも、密室状態のときのみなら見逃してもらえるようです。衆人環視のエスカレーターではひんしゅくを買うのでやめておきましょう。

一度、二人の世界に入り込んでしまうと、なかなか周囲からの視線には気付きにくくなるもの。うっかりボーダーラインを超えていないか、時折セルフチェックしたいものです。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock