ワガママでマイペースな一人っ子男子を落とすセリフ9パターン


育った家庭や兄弟の構成は、その男性の人格に大きな影響を及ぼすもの。のびのび育ち、マイペースな人が多いと言われる「一人っ子男子」のハートを射止めるには、どんな戦略が有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ワガママでマイペースな一人っ子男子を落とすセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「さすが○○くんだね!」と些細なことでも褒めてプライドをくすぐる

    「褒められて伸びるタイプ…というか、褒められるのが最大の喜び(笑)」(20代男性)というように、少々甘めに育てられた一人っ子男子は絶賛してくれる女性に好感を持つようです。小さなことでもさりげなく「いいね!」を重ねていきましょう。

  • 【2】「あなたならわかってくれると思って…」と自分のよき理解者に仕立て上げる

    「女きょうだいがいなかったから、女性に相談されるだけでグッときます」(10代男性)というように、相談を持ちかけて心理的な距離を縮める作戦です。ついでに相手の悩み事まで聞き出してアドバイスできたら万全でしょう。

  • 【3】「ナンバーワンよりオンリーワンだよ!」と実力よりも個性を持ち上げる

    「たしかに『個性的だね!』みたいな評価は嬉しい」(20代男性)というように、独自の世界をしっかり築いてきた一人っ子男子は、「自分らしさ」への理解を求める傾向があるようです。珍しい趣味の持ち主なら、そこに興味を示してあげるのもよさそうです。

  • 【4】「そういう考え方もあるよね!」と相手の意見をとことん尊重する

    「自分の意見は肯定されるのが当たり前だと思ってるかも(笑)」(10代男性)というように、周囲が自分に合わせてくれることに慣れてきた一人っ子男子は否定的なツッコミを嫌うようです。まずは肯定し、認めてあげると心をつかむことができるのではないでしょうか。

  • 【5】「あなただからOKしたんだよ!」と特別扱いをにおわせる

    「その他大勢みたいに思われるのは好きじゃない」(20代男性)というように、両親からスペシャルな存在として見られてきた一人っ子男子は、「あなただけ!」という扱いに喜びを感じるようです。さりげなく特別感をにじませ、プライドを刺激してあげましょう。

  • 【6】「それで、あなたはどうしたいの?」と相手に主導権を握らせる

    「年上の女性なんかが、あえてこっちに仕切らせてくれると燃えてしまいますね」(10代男性)というように、家族の中でも発言権を持って育った一人っ子男子は、主導権を持たされることで自尊心が満たされるようです。デートプランはお任せし、心行くまでリードしてもらいましょう。

  • 【7】「周囲に流されないところが素敵」と少々身勝手な行為も受け入れる

    「縛られるのが苦手なタイプなので、そこは認めてほしいです」(20代男性)というように、子どもの頃から気ままな行動を認められて育った一人っ子男子は、少々身勝手な言動も受け入れてくれる女性と相性が良いようです。ただし、調子に乗りすぎる男性もいるので、ときには締めることも必要でしょう。

  • 【8】「あなたはそんな小さな器じゃないって!」と男としてのスケールを認める

    「お子ちゃま扱いが多かったから、立ててもらうと弱いですね」(20代男性)など、身内に子ども扱いされてきた反動から、「男として認められたい」願望が強い一人っ子男子もいるようです。「やっぱり頼りになる!」と持ち上げまくって、気分よくさせてしまいましょう。

  • 【9】「こんな男の人は初めて!」とストレートに好意をぶつける

    「回りくどい言い方は面倒。好意は直球で伝えてほしい」(10代男性)というように、本音で育ってきた一人っ子男子にはストレートなアプローチが響くようです。甘々なスキンシップと合わせ技にして、心をわしづかみにしたいところです。

のびのび育ってきた一人っ子男子は、ある意味わかりやすいのが特徴かもしれません。「本音でアタックして」「乗せてあげる」が攻略のポイントになりそうです。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock