「料理ベタでも期待が持てそう」と思わせる無難な前フリ9パターン


好きな女性のタイプに「料理上手」をあげる男性は少なくありません。しかし、料理の腕前に自信のない女性でも、少しは男性にいいところをアピールしたいものです。では男性に対して、どのようにアピールをすれば料理が下手な女性でもあたたかく見守ってもらえるのでしょうか。スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「料理が得意じゃなくても男性に期待を持ってもらえそうな一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「料理はするけど、味に自信はないんだ」と謙遜して言う。

    「たいした腕じゃないなら、自分でうまいと言わないほうがフォローしやすい」(30代男性)と、過剰にアピールをしない女性をかわいいと思うようです。意地を張って「料理が得意!」と言うよりも、「自信がない」と正直なほうが好感を持たれやすいかもしれません。

  • 【2】「食べた人が喜んでくれるかどうかはわからないけど、作るのは好きだよ」と料理が好きなことをアピールする。

    「料理することには慣れてそう。食べてみたい気持ちになる!」(20代男性)と、料理の腕前に興味津々になるようです。もし、気になる男性なら、「今度作るから味見してくれない? そしたら、自信がつくかも」などと誘ってみると進展があるかもしれません。

  • 【3】「自分なりに自炊頑張ってます…」と控えめに言う。

    「料理上手とまではいかなくとも、努力してるんだと感じる」(20代男性)と、控えめな言葉に、一生懸命頑張っている様子が感じられて、好印象を受ける男性も多数。「頑張っています」と同様に「修業中です」という言葉も、「努力家」だと受け止められ、イメージアップにつながるようです。

  • 【4】「食べるのは大好き! でも、なかなかうまく作れないんだよね…」と困った感じで言う。

    「苦手なのに頑張って作ってるんだぁと感心する。作った料理をおいしそうに食べる姿も想像してしまうかも」(20代男性)と、成長を見守りたいという男性の声も。料理が下手でも食べるのが好きなら、おいしいお店を一緒に食べ歩きするのも楽しそうだと思う男性もいるようです。

  • 【5】「プロみたいに上手じゃないけど、誰かに作るのは大好き!」と意欲がある。

    「家庭的な感じがしてドキッとする」(20代男性)と、下手かもしれないけれど、「誰かに作ることが好き」という言葉は好意的に受け入れられるようです。気になる男性にアピールしたいときに、「今度、○○くんのために作ってきてもいい?」と言ってみると、ほかの女性より一歩リードできるかもしれません。

  • 【6】「作るのは好きなんだけど、感想を言ってくれる人がいないから作る気力がわかない」とフリーをアピールする。

    「オレが感想言おうか?という気になる」(20代男性)と、女性がどんな料理を作るのか興味がわくようです。ただし、料理を作り慣れていて「上手」だと勘違いされる可能性があるので、失敗したときやボロが出たときのリスクは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

  • 【7】「ラーメンとか男料理ならできる(笑)」とギャグっぽく返す。

    「少しならできると伝わってくるし、下手でも構わないと思ってしまいそう」(20代男性)と、ユニークな返事だと料理上手かどうかは別として、好印象を与えるようです。簡単な料理しか作れないなら、「オムライスの上にケチャップでハートを描くのは得意!」など、ユーモアのある一言をつけ加えると男性は料理の腕前が気にならなくなるかもしれません。

  • 【8】「普段しないから自信ないけど、好きな人にだったら何でも作ってあげたい!」と尽くすことは好きとアピールする。

    「恋人がいれば、頑張って上手になってくれそう」(20代男性)と、長期的な視点で見られるようです。普段料理をしていなくても、「彼がいれば、好きな料理を頑張って練習するのになぁ」とアピールすると、男性に「料理の腕が上達しそう」と思ってもらえるでしょう。

  • 【9】「得意じゃないけど好き。一緒に料理を作る相手がいたらなぁ」と寂しそうに言う。

    「一緒に作りたいという言葉は男心をくすぐる」(40代男性)と、二人ともにキッチンで和気あいあいと料理する場面を想像してニヤけるようです。男性が自分のことを好意的に思ってくれているようなら、「今度一緒に作らない?」とお誘いも兼ねて聞いてみるのもいいでしょう。

ほかにも、料理の腕に自信はないけど、男性に期待を持ってもらえた一言があれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock