ちょっとズルい?男性から即レスをもらえるLINEテク9パターン


気になる男性にLINEを送ったものの、一向に返事がこない…。しかし、書き方次第では「すぐに返信しなくちゃ」と思わせるテクニックもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性87名に聞いたアンケートを参考に「ちょっとズルい?男性から即レスをもらえるLINEテク」をご紹介します。

  • 【1】「あなたはどう思う?」と疑問形で文章を終える

    「初歩的な手法だけど、最後を質問にすると返信も早くなる気がする」(20代女性)というように、何かを問いかけられたら、よほどのんびりした性格でない限り、「すぐに答えないと」という意識が働くようです。意見を求める場合は、シンプルな設問にするとレスも早くなるでしょう。

  • 【2】「返事はいつでもいいからね」と謙虚な姿勢を示す

    「あえて『余裕ができたら連絡ください』と書くと、いつも遅い人がわりと早めに返してくれる」(10代女性)など、心遣いへの感謝の気持ちが即レスを促すこともあるようです。返事を受けたら、すぐに「忙しいのにありがとう」と返すと、即レスの連鎖につながるかもしれません。

  • 【3】「すごく落ち込んでいて」と頼りたい旨をほのめかす

    「実際に落ち込んでいるときに甘えたらレスが早かったので、それ以来落ち込んでいなくても多用するようになった」(20代女性)というように、弱っている女性を慰めたくなるのは男性のサガかもしれません。最後は「あなたに相談してよかった」と締めると万全でしょう。

  • 【4】「既読スルーしちゃダメ」とかわいく迫る

    「テクニックとかめんどくさいので、いつもこれ」(10代女性)というように、駆け引きなしのストレートな迫り方もときには響くようです。文字だけだと怖いので、駄々をこねている動物のスタンプなどを添えると、かわいさも増すでしょう。

  • 【5】「緊急」「至急」と急ぎや焦りを示す語句を使う

    「『明日ご飯何食べる?』みたいな普通の内容とのギャップが面白いから怒られない」(20代女性)というように、冗談でも「今すぐ知りたい」と伝えるとレスの優先順位が高くなるかもしれません。相手がこの戦略に慣れてきたら「大至急」などとグレードアップを図りましょう。

  • 【6】「今時間ある?」と思わせぶりな前振りをする

    「時間がある人は、『なになに?』って感じで食いつきますね」(10代女性)というように、先に用件を書かないで、関心を向けさせる手もあります。「あるよ」と返ってきたら、「何してたかなあと思って」などと「思わせぶり」を上乗せして、謎めいた空気を醸し出しましょう。

  • 【7】「電車の乗り継ぎがわからない」と緊急性を要する質問を投げかける

    「駅員さんに聞けばいい乗り換えとかを、あえてLINEで聞いてみる」(20代女性)というように、放っておけない系の女子を演じて男心をくすぐる作戦です。スマホの設定や不動産契約の方法など、状況に応じて質問のバリエーションはいろいろ考えられそうです。

  • 【8】「パジャマで返信待ってる」と男性の想像力を掻き立てる

    「自撮りの証拠写メを付ければ、どんな人でも即レスが来る」(10代女性)というように、あざとくなりすぎないレベルでのお色気は効果抜群のようです。背景にぬいぐるみなど女子の部屋っぽいアイテムを写り込ませておくと、レスのスピードアップにつながるでしょう。

  • 【9】「たすけてーー!」と不安を煽るSOSを発信する

    「ゴキブリが出て死ぬかと思ったときに思わず助けを求めたら、一瞬で返信が来た」(20代女性)というように、とにかく不穏な様子だけをにおわすと、事態が飲み込めないだけに相手も焦るでしょう。逆に、「着る服が決まらない」などといった他愛もない内容でも、かわいさのアピールとして成立するかもしれません。

LINEのレスを早くもらえるかどうかは一種の心理戦。数々の作戦を決行したうえで、「この子には即レスしてあげないと」と思わせるまでに至れば、大したものです。(石原たきび)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計87名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock