あれ?効かない!「小悪魔な上目遣い」では落ちない男性9パターン


女性の甘えた視線にハートを射抜かれてしまう男性は多いもの。その一方で、こちらがいくらがんばっても、「小悪魔な上目遣い」がいっこうに響かない男性もいるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「あれ?効かない!『小悪魔な上目遣い』では落ちない男性」をご紹介します。

  • 【1】脈アリ行動にまったく気づかない「鈍感な男性」

    「せっかくかわいい顔で見上げたのに、キョトンとされてしまった」(10代女性)というように、察しの悪い男性には、上目遣いの意図がうまく伝わらないようです。ある程度親しくなってから「もう一押し」という場面で繰り出せば、どうにか察してもらえるかもしれません。

  • 【2】女性からの誘惑に慣れている「恋愛経験豊富な男性」

    「『余裕の笑み』で簡単にあしらわれてしまいました」(20代女性)というように、酸いも甘いも噛み分けた男性を、目線ひとつで誘い込むのは難しいでしょう。とはいえ、劇的な効果は期待できないまでも、こちらの意図は理解してもらえそうです。

  • 【3】クールな女性にこそ魅力を感じる「かわいい系が苦手な男性」

    「思い切ってやってみたら、逆に向こうのテンションを下げてしまった」(20代女性)というように、上目遣いでアピールする作戦が相手の好みに合わず、失敗に終わるパターンです。もう一度試すか路線を変更するか、反応をよく見て判断する必要があるでしょう。

  • 【4】そもそも視線自体が合わない「極度に恥ずかしがり屋の男性」

    「見つめようとすると目を逸らされるから、ぜんぜんうまくいかなかった」(10代女性)というように、内気な男性が相手だと、アイコンタクトを取ることすら苦労しそうです。そっと手に触れるなど、目線以外の方法で攻めたほうが確実かもしれません。

  • 【5】上目遣いくらいでは目が覚めない「二次元女子に夢中の男性」

    「生身の自分が理想のキャラに勝つのは無理!」(10代女性)というように、妄想を炸裂させている男性も、一筋縄ではいかなさそうです。とはいえ、夢見がちな性質を逆手に取って相手好みのシチュエーションに持ち込めば、上目遣いが威力を発揮する可能性もあるでしょう。

  • 【6】女性の腹黒さに心底うんざりしている「姉妹の多い男性」

    「なにか裏がある?と勘ぐってしまうらしいです」(20代女性)というように、相手が女性心理に詳しいと、モテ狙いの小悪魔行動が逆効果になってしまうようです。「見破られたか(笑)」などとサバサバした口調で開き直れば、好感度を取り戻せるかもしれません。

  • 【7】見た目のかわいさに惑わされない「あくまで中身重視の男性」

    「普通に会話してるときのほうが反応がよかった」(20代女性)というように、一生懸命モテ顔で迫っても、人間性に重きを置く男性にはスルーされそうです。だからといって「色気無視」で接するのも引かれそうなので、目線に気を配って損はないでしょう。

  • 【8】わざとらしいモテ行動や駆け引きが嫌いな「実直な男性」

    「『そういうのやめない?』と真顔で言われて、気まずくなった」(20代女性)というように、狙い澄ました振る舞いが相手のカンに障り、苦い顔をされてしまうケースです。もし実行するなら、自然に「上目」になるようなポジションを取るのが無難でしょう。

  • 【9】こちらの性格を知り尽くしている「友達歴の長い男性」

    「やってみたけど、お互い吹き出しちゃって大失敗」(10代女性)というように、付き合いの長い相手だと、渾身の上目遣いも冗談として片付けられてしまうようです。とはいえ、「オンナ」を感じさせたあとなら、友達ラインを越える決定打になるかもしれません。

男性を悩殺するはずのモテ技が、期待はずれに終わったら悲しいもの。狙い通り成功させたいなら、相手の性格や好み、タイミングなどを見極めてから繰り出しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock