初デート中、「好きすぎる!」と悶絶してしまう女性の行動9パターン


恋人との初デートは誰しも緊張するもの。会話がぎこちなくなり、好意をうまく伝えられないことも多々あります。その一方で、女性の何気ない些細な行動が、男性のハートを悶絶させるほど刺激することもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「初デート中、『好きすぎる!』と悶絶してしまう女性の行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】服の裾をちょこんとつかんで付いてくる

    「『いま俺は頼られてる!』と激しく実感する」(10代男性)など、手をつなぐ前段階において、「裾をつかむ」はインパクトのある行動のひとつです。女性に頼られているのを実感することで、男性はデートをリードする勇気が湧くようです。

  • 【2】電車に並んで座っているとき、肩にもたれて居眠りする

    「無防備さがヤバい!」(20代男性)など、デートに疲れた女性が肩にもたれて居眠りすると、男性は「信頼されている!」と感じるようです。隣り合って密着することで、お互いの体温を感じることもドキドキのポイントでしょう。

  • 【3】「ねえねえ」と後ろから肩をつんつんとつつく

    「微妙にヨソヨソしいところがテンション上がる」(10代男性)など、女性が話しかけるときに「指」でつつくのは、初デートの緊張ゆえでしょう。そのぎこちなさが、男性の「もっと親しくなるぞ!」というやる気に火をつけるのかもしれません。

  • 【4】さりげなく女性の方から手を握ってくる

    「初デートの醍醐味。女性から握ってきたらキター!と思う」(20代男性)など、手をつなぐという行為は、初デートにおける初期目標ともいえるでしょう。女性のほうから積極的に手を握ることで、男性のテンションは天井知らずに上がるようです。

  • 【5】道に迷うなどの失敗をしても「全然大丈夫!」と健気にフォローしてくれる

    「緊張がほぐれるし、長く付き合っていける予感がする」(20代男性)など、男性のミスを元気よくフォローする行動によって、男性は「自然体で付き合える」という気持ちになるようです。その日のデートを雰囲気よく楽しむためにも効果的でしょう。

  • 【6】突然「あっち行こうよ!」と腕をギュッと組んでくる

    「気まぐれとスキンシップ。いかにも女の子って感じがする」(10代男性)など、女性が行き先をリードするときなどに腕を組む行為は、さりげないスキンシップとして男性の心を揺さぶるようです。密着することで、心臓の鼓動が伝わるのかもしれません。

  • 【7】自分の趣味などの話を、目を輝かせて興味津々に聞いてくれる

    「『これは脈あるかも!』と思う」(20代男性)など、初デートは自己紹介的なニュアンスを含むものです。趣味についての話を興味深く聞いてもらえると、男性は自信を持って自己アピールができるようです。

  • 【8】街で出会った子供に対して優しくコミュニケーションをとる

    「優しくて子供が好きなんだな…と感動し、将来のことをちょっと考える」(20代男性)など、デート中に出会った子供との交流は、男性に将来的な「家族」を意識させるようです。子供と上手にコミュニケーションをとることで、家庭的な素養を印象付けられそうです。

  • 【9】駅などでの別れ際に、姿が見えなくなるまで見送ってくれる

    「デートに誘ってよかった!と思う」(20代男性)など、その日のデートの締めくくりとして、別れ際の印象はとても強いものです。お互いに見えなくなるまで振り返って見送ることで、「今日のデートが楽しかった」ということを全身で伝えることができるでしょう。

ほかにも、「初デート中、『好きすぎる!』と悶絶してしまう女性の行動」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock