「こ、怖い!」と奥手男子にドン引きされるアプローチ9パターン


受け身でいるだけでは恋愛のチャンスも広がりませんが、いかにも「肉食系」の女子が敬遠されがちなのも事実です。世の男性が苦手とするアプローチにはどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性92名に聞いたアンケート調査を参考に「『こ、怖い!』と奥手男子にドン引きされるアプローチ」をご紹介いたします。

  • 【1】「ちょーカッコイイね!」「やさしいね!」と、ストレートに褒めまくる

    「『何が目的?』と、不信感を抱いてしまいそう」(10代男性)というように、押しの強いド直球の褒め言葉で奥手男子を逃げ腰にさせてしまうパターンです。5回会うまでは褒めないなど、好意をアピールする前にまずはゆっくりと信頼関係を築きましょう。

  • 【2】「本当はさみしがり屋なんでしょ」と、性格を決めつける

    「他人の繊細な一面に土足で踏み込んでくる感じが苦手」(20代男性)など、下手に性格診断をすると、奥手男子のコンプレックスを刺激して反感を買うかもしれません。決めつけ発言で「わかってる女」を演じるより、相手の話をよく聞くことに力を注ぎましょう。

  • 【3】「やだー、ウフフ」と、まだ知り合ったばかりなのにベタベタボディータッチをする

    「下品!軽薄!チャラい!無理!って感じです」(10代男性)というように、安易なボディータッチのせいで、「肉食女子」として天敵扱いをされるパターンです。恋人ではない女性の接近に息苦しさを覚える男性もいるので、ある程度の距離感を保つようにしましょう。

  • 【4】「仕事は?役職は?年収は?」と、しつこくスペックを調査する

    「『圧』が強すぎて話しているだけで疲れる…」(20代男性)など、露骨な質問をぶつけると、奥手男子を怖気付かせてしまうかもしれません。「猫派?犬派?」「スイーツ好き?」といったユルい話から始めて、理解を深めていきたいところです。

  • 【5】「美味しいものを食べに連れてってよ」と、プラン丸投げのデートを提案する

    「女性を引っ張る能力なんてないんですけど!ただただ困る」(20代男性)というように、男性に主導権を渡すようなアプローチが裏目に出てしまうパターンです。「土曜日に駅前の映画館で昼過ぎから『○○○』観ない?」などと具体的な提案をしたほうが気軽に受け入れてもらえそうです。

  • 【6】「男らしい人が好き!」など、肉体的・精神的な強さを求める

    「タフな男を求められるのってプレッシャーでしかない」(10代男性)など、奥手男子に「男らしさ」を求めると、自信を喪失させてしまうかもしれません。下手に好みのタイプを語ると悩ませてしまうこともあるので、「フィーリングが合う人」などと無難な主張に留めておきましょう。

  • 【7】「その女、最悪じゃん」と、元カノを否定して自分を上げようとする

    「いきなり人の悪口を言う女って、ケンカしたら思い切り牙をむいてきそうで怖い」(10代男性)など、平和主義者が多い奥手男子の前で他人のバッシングはご法度のようです。「○○君が好きになったなら、いい人だったんだね」と、とりあえず元カノを褒めておけば、「いい人キャラ」に見えるでしょう。

  • 【8】「どんなエッチが好きなの?」と、飲み会でストレートな下ネタを話す

    「たとえ酔っ払っても、下品な女性はご遠慮したい」(20代男性)など、下ネタを毛嫌いする奥手男子は多いようです。過去の経験を問われてもはっきり答えないようにして、「性に奔放な女」だとは思われないようにしたいものです。

  • 【9】「私たち付き合っちゃえばよくね?」と、雑なセリフで交際を迫る

    「そんなノリで付き合えたら、すでに彼女いるし!と思います」(10代男性)というように、軽いテンションの告白が空振りしてしまうパターンです。「ゆっくりでいいから、私のことを好きになってくれたら嬉しい」などと、真面目かつ謙虚なセリフに言い換えたほうが良さそうです。

総合的に、奥手男子は押しの強いアプローチや決めつけ発言が苦手なようです。相手にペースを合わせて、時間をかけて好意を伝えていきましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年8月4日から11日まで
対象:合計92名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock