今度こそ「重い女」にならないよう気をつけていること9パターン


彼氏を愛するあまりついつい過剰な行動に出てしまう人は、誰かと付き合うたびに「重い」と思われて、結局相手に逃げられてしまうもの。「次の恋こそ長続きさせたい」と考えているなら、どんなことに気をつけるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「今度こそ『重い女』にならないよう気をつけていること」をご紹介します。

  • 【1】「今日なにしてた?」としつこく聞かない

    「本当はすごく気になるけど、がんばって尋ねないようにしている」(10代女性)というように、彼氏を質問攻めにして詮索するのは、控えたほうがよさそうです。過ちを繰り返したくなければ、気持ちのままに行動せず、厳しく自分を律する必要があるでしょう。

  • 【2】「連絡は1日2回まで」と自分なりのルールを設ける

    「前は返事が来なくても送り続けてたので、よくないなと思って…」(10代女性)というように、彼氏とコンタクトを取る頻度について、自分の中で取り決めを作るのも有効かもしれません。回数を制限することで内容が濃くなれば、やりとりが自然と親密になるのではないでしょうか。

  • 【3】ときにはあえて返信を遅らせて、彼氏をやきもきさせる

    「追う側じゃなく追われる側になって、かまってもらう作戦(笑)」(10代女性)というように、ときにはわざと即レスを避けてしばらく放置してみると、相手の気を引けるかもしれません。とはいえ、「ズボラ」だと誤解されるのも悲しいので、焦らしすぎないよう上手に加減しましょう。

  • 【4】彼氏に夢中になりすぎないよう、仕事や趣味にも力を注ぐ

    「ほかに興味が向けば、彼氏のことばかり考えなくて済む」(20代女性)というように、やることを増やして、彼氏に向かいがちな情熱を分散させる方法です。最初は無理矢理でも、続けるうちに「最近生き生きしてるね」などと褒めてもらえるようになれるかもしれません。

  • 【5】女友達との時間を大切にし、女子会などに積極的に参加する

    「友達がガス抜きとかダメ出しをしてくれるから、暴走しなくなった」(20代女性)というように、気の置けない友達との絆を深めると、いろいろな面で救われそうです。ただし、嫉妬や束縛を焚き付けようとする悪友にだけは、注意したほうがいいでしょう。

  • 【6】恋愛以外の楽しみを持っていることを、相手にアピールする

    「『重い女ではない』と印象づけておけば、多少嫉妬しても許してもらえそう」(20代女性)というように、粘着質なイメージを与えないようにしておくのも得策でしょう。もし束縛してしまっても、淡白な女だと思い込ませておけば「愛情表現」だと喜んでもらえるかもしれません。

  • 【7】家事や体調管理など、彼氏の世話を焼きすぎないようにする

    「勝手にやると嫌な顔をされるけど、ほっといてもマイナスに思われることはない」(20代女性)というように、世話好きの自覚がある人は「奥さん気取り」の振る舞いを慎んだほうがよさそうです。頼まれてから甲斐甲斐しく立ち働くようにすれば、感謝はされても「重い」と思われることはないでしょう。

  • 【8】女性が同席する飲み会などに参加するときも、彼氏をこころよく送り出す

    「信じて見送ったほうが浮気防止になると思う」(20代女性)というように、彼氏に全幅の信頼を寄せれば、向こうも誠実な態度で応えてくれそうです。不安だからといって疑いの目ばかり向けても嫌なムードを招くだけでしょう。

  • 【9】束縛しそうになったら、元カレとの修羅場を思い出す

    「同じ失敗を繰り返したくないから、むしろ忘れないようにしている」(20代女性)というように、過去の苦い経験も、決して無駄にはならないようです。悪い癖が出そうになっても、最悪の結末を知っている今なら、しっかり自分をコントロールできるでしょう。

自分勝手に愛情をぶつけて疎ましく思われたら、元も子もありません。自分を抑えるのは大変ですが、がんばる価値はあるでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock