「俺にはコイツだけだ!」仕事で落ち込む彼氏に響く励まし9パターン


ビジネスの失敗でドンヨリしていても、愛する女性に励ましてもらったら、「また頑張るぞ!」と奮起する男性は多いもの。では、どんな応援が彼氏のテンションを上げるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性87名に聞いたアンケートを参考に、「『俺にはコイツだけだ!』仕事で落ち込む彼氏に響く励まし」をご紹介します。

  • 【1】「次に頑張ればいいじゃない」と温かいコーヒーを差し出す

    「失敗についてあれこれ言うのではなく、やさしい言葉と気づかいに癒されました」(10代男性)というように、根掘り葉掘り聞き出すよりも、ただやさしく接してあげることが彼氏を安心させるようです。自動販売機で買った缶コーヒーひとつでも、その温もりが心にしみるのではないでしょうか。

  • 【2】「パーッと飲みに行こっか!」と気分転換を促す

    「明るく話してくれると、こっちも元気になる。他愛ないトークが気晴らしになった」(20代男性)というように、励ましの言葉をかけるより、ストレス解消に誘ったほうが喜ばれる場合もあります。やけ酒にならないよう、お酒のペースを気づかってあげましょう。

  • 【3】「大丈夫!次はうまくいくよ!」とやさしく微笑む

    「すっごい不安だったから、『大丈夫!』の一言がしみた」(10代男性)というように、多くを語らず笑顔を見せるだけで、彼氏の心はほぐれるようです。気持ちを切り替えさせてあげたら、弱気モードからの復活も近いでしょう。

  • 【4】「私も同じようなことがあったから、分かるなぁ」としみじみ共感する

    「自分のミスとはいえ納得いかないこともあったから、理解してくれて救われた」(20代男性)というように、やるせなさに気持ちを寄せてあげるのもよさそうです。すべてに同意するよりも、話に耳を傾けながら、時折コメントを交えたほうが真剣みも伝わるでしょう。

  • 【5】「よーし、今日は何でも好きなもの作ってあげる!」と手料理をふるまう

    「好きな料理ばっかりで、めちゃめちゃ元気が出た!」(10代男性)というように、胃袋を満たすのも、彼氏を手っ取り早く元気づける方法でしょう。長い付き合いなら、心境を察して好きな料理を作ってあげたいところです。

  • 【6】「あなたの頑張りは私が見てたから」と味方であることを示す

    「誰かに認めてもらうと、やる気が出ますよね」(20代男性)というように、結果はともかくそこまでの経緯をきちんと褒めてあげると、彼氏の自信も回復しそうです。「ちゃんと見てたよ」というやさしい言葉も、心の距離をぐっと縮めるでしょう。

  • 【7】「どんなことがあっても、ずっとそばにいるからね」と静かに寄り添う

    「彼女の期待を裏切っちゃいけない!と立ち直れました」(10代男性)というように、行動を全肯定する言葉は、発奮のきっかけになるようです。彼氏が自分の能力を悲観しているときこそ効果的かもしれません。

  • 【8】「今回はたまたまだよ、あなたならきっとできる」と力強くハグする

    「これで評価がすべて決まるわけじゃないし…と割り切れました」(20代男性)というように、プライドがズタズタになっている彼氏のために、「たまたま」を強調するのもよさそうです。強くハグすれば物理的にも説得力が増すでしょう。

  • 【9】「この失敗を乗り越えたら、もっとデキる男になれるよ」と明るく背中を押す

    「失敗をポジティブにとらえさせてくれたおかげで前向きになれた」(10代男性)というように、逆転の発想で彼氏を勇気づけるのもよさそうです。ただし、失意の底にいる相手には逆効果になりかねないので、見極めは必要でしょう。

彼氏が落ち込んでいたら、とにかく気持ちに寄り添ってあげるとよさそうです。二人でピンチを乗り越えたら、絆もきっと深まるでしょう。(佐々木正孝)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計87名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock