タイプじゃなかった女の子を「お、可愛いかも!」と思う瞬間9パターン


「好きな人から女として見られていないかも…」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。しかし男性は、ちょっとしたことで意識していなかった女性にときめくことがあるようです。そこで、『スゴレン』男性読者への調査を参考に「タイプじゃなかった女の子を『お、可愛いかも!』と思う瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】いつもまとめている髪を下ろしたときなど髪型を変えたとき

    「いつもはまとめてる髪を下ろしてる姿が、妙に色っぽかった」(20代男性)という意見がありました。髪型を変えると、印象が大きく変わるようです。下ろした髪がツヤツヤに輝いていると、目も心も釘づけにできるかもしれません。

  • 【2】いつも元気なキャラなのに落ち込んでいるとき

    「いつも強がってるだけなのかも…と、守りたくなる」(20代男性)というように、「女性を守りたい」いう男の本能がうずくようです。好きな人には、弱い部分もさらけ出した方が、心も軽くなれていいかもしれません。

  • 【3】メガネの子がメガネを外したとき

    「想像以上に可愛くてビックリ」(10代男性)、「メガネを外す瞬間が、なんかエロい」(20代男性)などの意見がありました。メガネを外す瞬間、女性の目に視線が行くので、目がキレイに見えるよう普段よりアイメイクを頑張っておくと効果的かもしれません。

  • 【4】仕事ではクールな面しか見せないのに、子供っぽくはしゃいでいるとき

    「いつもポーカーフェイスでテキパキ仕事をこなす女性がはしゃいでる姿を見てキュン!」(20代男性)と、無邪気な姿にドキッとするようです。仕事では冷静な方がプラスでも、クールで近づきにくい人だと思われてはマイナス。楽しいときは思いきりはしゃいでみてはどうでしょう。

  • 【5】初めて私服姿を見たとき

    「まったく別人に見えた」(10代男性)、「仕事でスーツばかり着ている人が、ワンピースを着ているのを見て急に美人に見えた」(20代男性)など、見なれない姿にハッとするようです。流行の服をうまく着こなしていたり、スカートからのぞく脚がキレイだとより高ポイントのようです。

  • 【6】飲み会などでさりげない気遣いをしていることがわかったとき

    「まわりへ心配りができる人だとわかると、素敵だなと思う」(30代男性)というように、女性らしい気配りに惹かれる男性は多いようです。グラスが空いていたら次を勧める、会話に入れない人へ話しかけるなどすると、女性としての評価が上がりそうです。

  • 【7】とれたボタンを縫いつけてくれたとき

    「カバンから針と糸が出てきて、ちゃちゃっと縫ってくれたときは感動した」(20代男性)というように、「いいお嫁さん」を連想させる家庭的な面は男性にとって魅力のようです。料理上手、掃除好きなどでも、家庭的な面をアピールできそうです。

  • 【8】しっかりしている子がドジをしてアタフタしてるとき

    「守ってあげたくなる」(20代男性)というように、思わず手をさしのべたくなる女性に男心をくすぐられるようです。ひとりでも生きていける強い女だと思われないよう、失敗したら素直に男性を頼ってみるといいかもしれません。

  • 【9】自分を見つけた瞬間、ニッコリ笑いかけられたとき

    「こっちに気づいた瞬間、とびきりの笑顔を向けられるとキュン!ってなる」(20代男性)など、男性はやはり女性の笑顔に弱いようです。気になる相手を見かけたら、恥ずかしがらずに笑いかければ、男性もやさしく微笑み返してくれるかもしれません。

ほかにどんな「タイプじゃなかった女の子を『お、可愛いかも!』と思う瞬間」があるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock