女子目線すぎて彼氏には微妙な「誕生日サプライズ」9パターン


彼氏の誕生日は盛大に祝いたい!とばかりに、張り切ってサプライズを用意してしまう女性が多いもの。しかし独りよがりな行動に走ると、彼氏に喜んでもらえるどころか、ドン引きされるおそれもあるので、注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「女子目線すぎて彼氏には微妙な『誕生日サプライズ』」をご紹介します。

  • 【1】レストランでスタッフが輪になって「バースデーソング」を合唱する

    「恥ずかしいから歌だけは本当にやめてほしい」(20代男性)というように、関係のない人を巻き込んだ祝福に、いたたまれない気持ちになってしまうパターンです。基本的にシャイな男性は多めなので、相手の酔い具合などを見計らって決行の可否を考えたいものです。

  • 【2】ペットや植物など、「育てないといけないもの」を贈る

    「案の定、サボテンなのに枯れた」(20代男性)というように、手に余るプレゼントで困惑させるパターンです。最悪の場合、自分が引き取るつもりで贈るのもよいですが、それはそれで「自分が欲しかっただけでは?」と映るかもしれません。

  • 【3】手書き文字でいっぱいの「2人の思い出アルバム」を制作する

    「まだ付き合って3カ月も経っていないのにもらって、逆に別れを意識した」(30代男性)というように、念がこもりすぎたプレゼントで、及び腰にさせてしまうパターンです。気持ちはわかりますが、せめて1年は待ちましょう。

  • 【4】ブランド物の時計など、受け取った側が恐縮するほど「高額なプレゼント」を用意する

    「こんな金額、彼女の誕生日に出せないとビビりました」(20代男性)というように、収入に不釣り合いなほど高額な贈り物で当惑させてしまうパターンです。どうしてもあげたい場合は「別れたら返してね!」などと冗談めかすと、相手の負担も和らぐかもしれません。

  • 【5】高級ホテルのラウンジなど「アウェイすぎる現場」に連行する

    「居酒屋に行くような格好で行ってしまった」(20代男性)というように、慣れないところに連れ込んで、場違いな気持ちを味わわせてしまうパターンです。事前に「普段よりはおめかししてきてね」などと高級さを匂わせたいものですが、そもそも高級そうなお店が嫌いな人もいるので注意が必要でしょう。

  • 【6】リアクションに困る「リムジンパーティー」を仕込む

    「女子会じゃねえんだし…と軽く引く」(30代男性)というように、リムジンやボートなどのラグジュアリーなアトラクションで白けさせてしまうパターンです。お金をかけるのならば、お肉や寿司などの食べ物に使ったほうが喜ぶ男性は多そうです。

  • 【7】自分が行きたかっただけの「テーマパークデート」に誘う

    「一番楽しんでたのはもちろん彼女でした…」(20代男性)というように、テーマパークに誘って、結局振り回してしまうパターンです。そもそも主役である彼氏が好きな場所に招待するのが筋なので、その意味では競馬場やナイター観戦デートなどもありでしょう。

  • 【8】まだ機が熟していないのに「逆プロポーズ」にチャレンジする

    「誕生日サプライズにしてはななめ上すぎた」(30代男性)というように、見切り発車で結婚を申し込んで、気まずい思いをさせてしまうパターンです。手紙に「これからも一生誕生日を祝いたい」と書くだけでも変にとられる可能性があるので、慎重な表現を心掛けたいものです。

  • 【9】変な漫画の読み過ぎでは?と突っ込みたくなる「裸にリボンでお出迎え」を実行する

    「喜ぶ男もいるとは思いますけど、ぼくはドン引きした」(20代男性)というように、エッチなプレゼントを用意して、むしろドン引きされるパターンです。「今までの彼氏のこともこんなふうに祝ってきたのかな」とモヤモヤさせてしまう危険があるので、やめておきましょう。

いずれにせよ、サプライズは自分だけの感覚や女性目線で計画すると失敗しがちです。男友達や兄弟などにヒアリングして、彼氏が一番喜ぶ内容を考えたいものです。
Photo:All images by iStock