バレたら終わり…?女子が絶対に口外できない秘密の関係9パターン


自分の気持ちが抑えきれずに口外できないような禁断のセックスをしてしまう…というシナリオの映画やドラマが多くあります。しかし、現実でも人には言っていないだけで、意外とリスキーな経験をしている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は20代から30代の女性に聞いた「バレたら終わり…?女子が絶対に口外できない秘密の関係」をご紹介します。

  • 【1】前に進めていない気がするのにやめられない「元カレ」

    「都合のいい女になってることはわかってるんだけどね…」(20代女性)というように、相手への未練から元カレにいいように扱われていてもそれを受け入れてしまう、という女性は多くいました。友達からは「そんな最低な男と早く縁を切っちゃいなよ」と言われることは目に見えているので、なかなか相談もできないようです。

  • 【2】噂が広がると仕事にも悪影響が出る「職場の仲間」

    「一緒にいる機会が多いからつい誘いに乗ってしまったことがありました」(30代女性)というように、職場の同僚や先輩、後輩、さらにかなり歳の離れた上司と関係を持ってしまったという女性も多いようです。関係が公になれば、どちらかが辞めなければいけない事態に発展する可能性もあるため、周囲にバレないように細心の注意を払う必要があるかもしれません。

  • 【3】裏切ったという背徳感が残る「親友の好きな人」

    「人の彼氏ってなんだか惹かれる性格みたいで」(20代女性)というように、悪いことをしているというスリルから、つい友達を裏切ってしまうという方も。ですが、自身が上手く隠し通しても、相手の男性からバレてしまうケースも多いようですので、身近な男性との火遊びはあまり回数を重ねない方が無難かもしれません。

  • 【4】体だけの関係を求めて「出会い系サイトで知り合った男性」

    「中高生の時は自分がそんな風に出会った男性と関係を持つなんて想像すらできなかった」(30代女性)というように、出会い系サイトきっかけのなれそめは不埒な印象があるため人には言いたくない、という意見も。ですが性欲発散のためと割り切れば有効なツールでもあるため、エロさが増して日々が退屈に感じがちな大人の女性は、意外と出会い系サイトを利用しているのかもしれません。

  • 【5】バレたらご近所ネットワークで村八分確定の「ママ友の旦那さん」

    「夜に満足してるって聞いて…でもまさか自分が『昼顔』妻になるとは」(30代女性)というように、何かと顔を合わせる機会の多いママ友から、その旦那さんの魅力を聞いてつい手を出してしまったという声も。もしバレてしまえばその地域に住めなくなるどころか慰謝料を請求される可能性もありますので、危険な関係は創作物の中だけで楽しむものと考えた方がいいのではないでしょうか。

  • 【6】教え子という立場が燃える「習い事の先生」

    「私のことをそんな風に見てたのかと思うと興奮しちゃって」(20代女性)というように、お料理教室や社交ダンス教室など、自分が興味のある分野で卓越した技術を持つ大人の男性に憧れて関係を持ってしまった、というケースもあるようです。ですが、一度男女の関係になると相手のことを必要以上に意識してしまい、教室に通っている理由が別の目的になってしまうのではないでしょうか。

  • 【7】親戚の集まりで禁断の愛を育んだ「いとこ」

    「小さい頃から知ってるから逆に興奮した」(20代女性)というように、身内の異性という危ない関係をむしろ楽しでいたという女性もいました。法律上問題はありませんが、身近すぎるがゆえに発覚すれば快く思わない親族が出てくる可能性もありますので、小さい頃から知っている相手に燃えるのであれば、幼馴染あたりにしておくのが賢明なのかもしれません。

  • 【8】両親に知られたらなんて思われるか不安な「お父さんの友達」

    「よくうちに遊びに来るからいつの間にかそういう関係になってました」(20代女性)というように、親子ほども年齢差のある相手と男女の間柄になってしまったという人も。不倫でなければ問題はありませんが、大人の男性のテクニックに骨抜きにされてしまうと、同年代の男性とのセックスに物足りなさを感じるようになってしまうかもしれません。

  • 【9】相手の子どもの顔が浮かんでしまう「教え子の親」

    「お子さんのことについて相談を受けていただけのつもりだったんですけどね…」(20代女性)というように、父親面談を機に禁断の関係に足を踏み入れてしまう女性教師も。しかし、バレることによって教え子にトラウマを与えてしまう危険がありますので、聖職者という立場上、関係を持つ相手に関しては一般の女性以上に慎重になるべきなのではないでしょうか。

禁断の関係を持ったところで、それが実を結びゴールインとなるケースは稀なようです。一時的な欲に身を任せてしまうのは本能的に仕方がないかもしれませんが、それで身を滅ぼしてしまった例も少なくはありません。あまり深入りしすぎないことがこの手の遊びのポイントなのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock