彼だって敏感!エッチ中、正しい「男性の乳首の責め方」9パターン


胸は女性の性感帯としてメジャーですが、男性も感じるポイントだというのも認知されてきたのではないでしょうか。しかし、自分が愛撫されることはあっても男性の乳首をどう愛撫すればいいのか、いまいちよくわからないという方も少なくないかもしれません。そこで今回は20代、30代の男性に聞いた「彼だって敏感!エッチ中、正しい『男性の乳首の責め方』」を紹介します。

  • 【1】舌先で転がすように舐めてもらう

    「『ベロベロ』ではなく『チロチロ』舐められるのが僕の好み」(20代男性)というように、舌の先っぽを小刻みに動かす舐め方が感じるという意見です。特に前戯の序盤はソフトな刺激から与えた方がよさそうなので、「乳首責めの入り口」テクニックとして使い勝手がいいのかもしれません。

  • 【2】口をすぼめてやさしく吸ってもらう

    「乳輪にキスするような感じでやってもらえると萌えます」(20代男性)というように、口づけするようなソフトさで乳首を吸われるのがたまらないという意見です。いい意味でいやらしさがあまりないので、乳首責めにまだ恥ずかしさのある初心者向きのテクニックかもしれません。

  • 【3】甘噛みしてもらう

    「ちょっと痛いぐらいが気持ちいいものなんですよ」(30代男性)というように、乳首の先っぽを軽く噛まれると快感を覚えるという意見です。ただし男性の乳首は女性と比べて小さいことが多く、噛む強弱が難しいので、相手に強い痛みを与えないように注意が必要なのかもしれません。

  • 【4】髪の毛でくすぐってじらされる

    「黒髪ロングヘアの子の毛先でイジられるのがたまらない」(30代男性)というように、長髪の女性が使いやすいテクニックだという意見です。しかし、吸い付きや甘噛みなど強い刺激を与えた後だと、髪の毛を使った弱い刺激では感じにくいかもしれませんので、前戯の前半戦で披露した方がいい技なのかもしれません。

  • 【5】人差し指と中指で乳頭を挟むようにしていじられる

    「女性の細いきれいな指2本で愛撫されたい!」(30代男性)というように、男性自身の太くたくましい指では味わえない繊細な気持ちよさがあるという意見です。中指を基軸として動かさず、人差し指のみ上下させると、男性の乳首を絶妙に刺激できるのではないでしょうか。

  • 【6】口と手で両乳首を同時に責められる

    「右と左、違う快感を同時に味わえるなんて贅沢ですよね」(20代男性)というように、指先と舌先の刺激を左右の乳首それぞれに与えられるのが最高だという意見です。自身の胴体を彼の身体に密着させながら行うと、愛情たっぷりの前戯だと思ってもらえるかもしれません。

  • 【7】手で男性器をしごきながらベロベロ舐めてもらう

    「AVとかで観てたから憧れのプレイなんです」(20代男性)というように、王道の性感帯である男性器と同時に乳首を責めるというプレイは、アダルトビデオ作品でもよく登場するプレイのため、やってもらいたい願望があるという意見です。男性器を触る方の手の平に自分のツバをたっぷり垂らしてから行うと、男性のアソコも乳首もツバまみれにできるのでエッチ度が一層高まるかもしれません。

  • 【8】視線を合わせながら舐めてもらう

    「アイコンタクトで愛情を感じます」(20代男性)というように、無言ながらも目と目でコミュニケーションを交わしながら乳首を舐められると、肉体的にも精神的にも満たされるという意見です。小悪魔的な笑みを浮かべながら舐めてあげると、Mっ気のある男性はより興奮するかもしれません。

  • 【9】こちらが責めているときに急に反撃してくるかのように乳首に触れられる

    「おとなしい子が反撃してくると、ちょっと驚くけどかなり嬉しい」(20代男性)というように、予想外の乳首責めにサプライズ感のある快感が得られるという意見です。手マンをされている最中や正常位中なら男性の乳首に手を伸ばしやすいので、チャレンジしてみるといいかもしれません。

基本的に女性のものも男性のものも乳首は乳首なので、女性が感じるのならば男性が同じように感じるのも当然なのかもしれません。もし上手く愛撫する自信がないのであれば、自分がこれまでに男性からやってもらって気持ちよかったことを、同じように男性の乳首にしてあげるといいのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock