恋愛から遠ざかっている女性がつぶやく負け惜しみ9パターン


幸せそうなカップルに負け惜しみを言っても、素敵な出会いはめぐってこないもの。前向きな気持ちをキープし続ければ、自然と出会いが近づいてくるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、言ったあと後悔するような「恋愛から遠ざかっている女性がつぶやく負け惜しみ」にはどんなものがあるか教えてもらいました。

  • 【1】友達に彼氏ができたときに、心の中でつぶやく「うらやましくないもん!」

    「羨ましいけど素直になれない」(10代女性)のように、負け惜しみをつぶやく自分が嫌になるようです。素直に「本当によかったね!」と称えれば、彼の友人を紹介してくれるなど、友達が幸せを分けようとしてくれるかもしれません。

  • 【2】同年代のカップルを見て心の中でつぶやく「リア充爆発しろ!」

    「言ったあとちょっとむなしくなります」(10代女性)のように、嫉妬している自分が情けなくなるようです。心を閉ざさずに「私も負けずに頑張ろう!」とポジティブに行動すれば、明るい表情に惹かれる男性が現れるかもしれません。

  • 【3】一人で買い物をしているときにつぶやく「やっぱり一人が楽しい!」

    「でも一人に慣れたくない…」(20代女性)のように、一人の時間を満喫する一方で、焦りを感じる女性もいます。「二人ならもっと楽しいだろうな」と考え、趣味や遊びをきっかけに恋人探しをすれば、長くお付き合いできる男性が見つかりそうです。

  • 【4】人肌が恋しくてたまらないときにつぶやく「もう誰でもいい」

    「欲求不満だなーと自覚する(笑)」(20代女性)のように、冷静になったときガツガツしている自分が嫌になるようです。「誰でもいい」ではなく、「○○君がいい」と一人に集中してアプローチすれば、振り向いてくれるかもしれません。

  • 【5】失恋後に悔し紛れにつぶやく「所詮、男なんてこんなもの」

    「自分の男運のなさにヘコむ…」(30代女性)のように、男性を見放す言葉を口にしても気持ちは晴れないようです。「次こそは!」と前を向き、合コンなどの出会いの場に足を運べば、今度こそ素敵な男性と出会えるかもしれません。

  • 【6】残業を終えて、満員電車で帰る途中につぶやく「今は仕事が一番だから」

    「仕事は好きだけど潤いがない」(20代女性)のように、つぶやいたあと何か物足りない気分になるようです。「仕事も恋も頑張ろう!」と自分磨きも頑張れば、魅力に気づいてくれる男性が現れるでしょう。

  • 【7】夜、「シーン…」と静まり返った部屋でつぶやく「さみしくなんてないもん」

    「本当は文句なしにさみしい」(20代女性)のように、部屋に一人でいるときに強がっても、余計にさみしい気分になってしまうようです。気になる男性に自分から連絡するなど、さみしさを打ち消すアクションを起こせば、そこから恋愛に発展するかもしれません。

  • 【8】元彼を思い出したときにつぶやく「あの頃は楽しかったなー」

    「でもそれって…昔話じゃん」(20代女性)のように、つぶやいたあと、元彼との思い出にすがる自分が嫌になるようです。「あの頃よりもっと素敵な恋をしよう!」と元彼への未練を捨てて心を閉ざすのをやめれば、身近な男性の意外な魅力を発見できるかもしれません。

  • 【9】モニターを見ながらつぶやく「私の彼は2次元にいるし」

    「言っちまった…と苦笑い」(10代女性)のように、画面から出てこない彼に恋しているとつぶやいた自分に、嫌気がさすようです。現実を直視して「2次元の彼はキープ」と割り切れば、失敗を恐れずに男性にアプローチできるようになるでしょう。

他にはどんな「恋愛から遠ざかっている女性がつぶやく負け惜しみ」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock