聞いて唖然!彼氏が自分との交際を決めた「本当の理由」9パターン


彼氏と一緒にいて、「この人はなんで私と付き合うことにしたのかな…」とふと不思議に思った経験はありませんか。とはいえ、もしそこで気軽な気持ちで本人に尋ねたら、予想外の回答にギョッとさせられてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「聞いて唖然!彼氏が自分との交際を決めた『本当の理由』」をご紹介します。

  • 【1】とにかくハダカが見てみたかったから

    「一番の理由がそれって…と残念な気持ちになった。聞くんじゃなかった」(20代女性)というように、「カラダ目当て」だと言われて、衝撃を受けたケースです。期待通りの答えが返ってくるとは限らないので、それなりに覚悟してから尋ねたほうがいいでしょう。

  • 【2】箸の使い方がきれいで、家庭的な子かも!と期待したから

    「箸が上手ならほかの子でもよかったってこと?と余計モヤモヤしてしまった」(10代女性)というように、よくある特長を「決め手」に挙げられたら、微妙な気持ちになってしまいそうです。「あとは?」などと追及して、深く本音を探りたいところです。

  • 【3】経済力のある彼女なら、金欠のとき助けてもらえそうだと思ったから

    「ヒモになられたら困るので、今後は厳しくすることにした」(20代女性)というように、彼氏より稼ぎがいいと、金づる扱いされる危険もあるようです。とはいえ、相手の考えが分かれば対処することも可能なので、聞いておいて損はないでしょう。

  • 【4】自分より背が低く、見た目の釣り合いがとれそうだったから

    「私は引き立て役か!とカチンときた」(10代女性)というように、純粋に容姿を気に入ってもらえたからではなく、彼氏の株を上げるために選ばれたのだとしたら、憤慨して当然でしょう。照れ隠しで言うならともかく、悪びれずに打ち明けるようなら、彼氏の人間性を疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【5】どちらが彼女を落とせるか、友達と賭けをしたから

    「なんとなく裏切られた気がして、悲しくなってしまった」(10代女性)というように、猛アタックされた理由が「賭け」だと知ったら、彼氏への信頼が揺らいでしまいそうです。とはいえ、今も交際が続いているのは、本気で好きになってもらえた証拠だとも考えられるでしょう。

  • 【6】自分の母親に雰囲気が似ていて、親近感が湧いたから

    「『母親似だから』だなんて、マザコンだとしか思えない」(20代女性)というように、ふいに「マザコン疑惑」が浮上して、困惑してしまったケースです。問いただしても否定されそうなので、ひとまず素知らぬ顔で聞き流して、今後の言動に注目しましょう。

  • 【7】元カノとの別れがつらすぎて、早く忘れたかったから

    「気持ちは分からなくもないけど、元カノと比較していそうで嫌な感じ」(10代女性)というように、「失恋から立ち直るため」だと言われたら、元カノに嫉妬してしまいそうです。彼氏の目をこちらに向かせたいなら、「忘れさせてみせる!」と奮起するしかないでしょう。

  • 【8】周りのフリーな女子の中で、一番マシだったから

    「喜んでいいのか腹を立てるべきなのか、複雑な心境です…」(20代女性)というように、身近な女性の中から「消去法」で選ばれたパターンです。ムッとするのは仕方がありませんが、合コンなどで出会ったのなら、「ランクづけした結果」というのが正直なところかもしれません。

  • 【9】冗談で交際を申し込んだのに、あとに引けなくなったから

    「単に照れ隠しで言っただけだと思いたい!」(20代女性)というように、「積極的な気持ちはなかった」と打ち明けられても、ドン引きしてしまいそうです。思い切って「じゃあ別れる?」などと揺さぶりをかけて、本心かどうか探ってみるのも一案です。

ちょっとした好奇心で尋ねた結果、驚愕の真実が明かされてしまう場合もあるようです。今が幸せなら、「聞かない」という選択もアリでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock