場馴れしすぎ!男性にドン引きされる居酒屋デートのNG行動9パターン


意中の男性と二人きりで会うなら、雰囲気のいい居酒屋でゆっくり飲むのが気楽かもしれません。とはいえ、あまりに堂々としたところを見せてしまうと、「この人、どんだけ飲み歩いてるんだろう」と相手をビビらせてしまうので、注意が必要でしょう。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「場馴れしすぎ!男性にドン引きされる居酒屋デートのNG行動」をご紹介します。

  • 【1】テーブルよりもカウンター席を選ぶ

    「『ここなら大将にオススメとかを聞きやすいから』って、俺と話すよりもそっちかよ!と唖然」(20代男性)というように、「酒飲み」の視点で座席を確保してしまうパターンです。「デート」なのであれば、二人で心地よく会話ができるポジショニングが望ましいでしょう。

  • 【2】飲み放題と通常料金で、どちらがトクかを即座に計算する

    「『1時間なら通常料金のほうがトク』って細かすぎる」(20代男性)というように、料金設定をさっと割り出す人は、普段から飲みなれていると思われても仕方がありません。「あの店より○円安い」といった比較も、心を鬼にして封じましょう。

  • 【3】席に着くやいなや、効率的に注文を取りまとめる

    「すぐ出るおつまみと時間がかかるものをパパッと見分ける判断力に引いた」(20代男性)というように、注文はある程度男性に任せたほうが、その場がまるく収まりそうです。たとえ大好きでも「ホッピーって何?」と聞くぐらいのワザとらしさもときには必要かもしれません。

  • 【4】壁にかかった短冊の「本日のオススメ」を目ざとくオーダーする

    「目を輝かせて『今日はなまこ酢あるんですね!』なんて、おっさんみたい…」(20代男性)というように、酒飲み心をくすぐる肴に目ざとすぎるのも、違和感を与えてしまうようです。まだ猫をかぶっておきたい距離感なら、素直にサラダを注文しましょう。

  • 【5】イケメンスタッフと友達口調で打ち解ける

    「イケメン店員と話し込んだうえにLINEを交換しそうな勢いで、いかにも場数を踏んでそうだと思った」(20代男性)というように、居酒屋ノリではしゃいでしまうのも、男性を微妙な気持ちにさせてしまうようです。相手の顔を立てる意味でも、節度を持った態度で臨みましょう。

  • 【6】希少な焼酎など、マニアックなお酒ばかり次々と頼む

    「女の子だから、カルーアミルクとかを飲むと思ってたのに…」(30代男性)というように、本腰を入れてお酒を探求する姿勢も、男性を怖気づかせてしまうようです。お会計にも不安を抱かせてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

  • 【7】酔いが回ると男女構わず周囲の客に馴れ馴れしくなる

    「最終的には隣のテーブルに移動したので、先に帰りたくなった」(20代男性)など、知らないお客さんとの交流も度を越すと引かれるかもしれません。酔って楽しみたい気持ちはわかりますが、場の空気を読む冷静さだけは残しておきたいところです。

  • 【8】指をばってんにしてお会計をお願いする

    「女子にこれをやられると一気に冷める」(30代男性)というように、指をばってんにする会計サインはあまり上品には見えないようです。うっかりいつもの癖が出てしまったら、首をかしげるなどのポーズと組み合わせると「かわいい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【9】知らないおじさんに平気でおごってもらう

    「『俺が全部払う』と言うおじさんに平気で出してもらうなんて…自分の立場がありませんでした」(20代男性)など、お酒の勢いで他人の好意に甘えすぎるのも、男性を幻滅させてしまうようです。酔って楽しい気分になったとしても、軽率な行動はご法度でしょう。

お酒が入ってリラックスしたときこそ、自分の本性が出やすいものです。「どんだけ飲み歩いてるの?」と引かれないためにも、控えめな態度を心がけましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock