一度は既読スルーした女子に「今度は返そう」と思った理由9パターン


気になる男性にLINEを既読スルーされたら、落ち込んでしまうもの。しかしダメ元でもう一度メッセージを送ってみれば、返信をもらえる可能性はゼロではないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「一度は既読スルーした女子に『今度は返そう』と思った理由」をご紹介します。

  • 【1】思わず突っ込みたくなるような面白いスタンプが送られてきたから

    「『これなんなの?』みたいなスタンプだと、気になって放置できなくなる(笑)」(10代男性)というように、クスリと笑いを誘うスタンプで反応を誘うパターンです。男性の好みを見極めて、ハマりそうなものを探してみましょう。

  • 【2】「かわいい子発見!」と道端の野良猫の写真が送られてきたから

    「ネコ好きだから、温かい気持ちになる」(10代男性)というように、動物などのほっこり系写真で気を引く手もあります。文字だけで親近感を抱いてもらうのはハードルが高そうですが、相手に刺さる画像を使えば心の距離が一気に縮まりそうです。

  • 【3】仕事終わりにまったりしているタイミングで「お疲れ様」と送られてきたから

    「仕事中だと鬱陶しいけど、暇なときにもらうと同じ内容でも嬉しい!」(20代男性)というように、一日のなかには連絡をもらって嬉しい時間帯とそうでない時間帯があるようです。相手の生活リズムを考えて送るようにしましょう。

  • 【4】「おーい、返信まだぁ?」とスタンプ付きでかわいい催促をされたから

    「遠回しに言われるより、ストレートに指摘してもらったほうがいい」(20代男性)というように、素直な言い方のほうが気持ちがわかって返しやすいという意見もあります。文字だけだと怒っているように見えてしまうので、お茶目な絵文字やスタンプも添えましょう。

  • 【5】既読スルーを責めずに、「おはよう」「寒いね」と他愛もない内容を送ってくれたから

    「こっちは返してないのに気にせず送ってくれて、優しいなと思った」(10代男性)というように、相手の反応がなくても変わらぬ態度で接するうちに、返事が来ることもあるようです。深い意味はなく既読スルーしただけかもしれないので、諦めずに送ってみましょう。

  • 【6】簡単な近況報告とともに「忙しかったら返信しなくていいからね」と遠慮がちに付け加えられていたから

    「責めないどころか気遣ってくれて、『いい子だな』と見直した」(20代男性)というように、相手を思いやる姿勢を見せれば、好印象を抱いてもらえそうです。いきなり用件を切り出すのではなく、「忙しいところごめんね」などと前置きする習慣を付けるといいでしょう。

  • 【7】「前に面白いって言ってた映画のタイトル何だっけ?」と以前の会話に絡めた質問を受けたから

    「会話を覚えていてくれたと思うと悪い気はしない」(10代男性)というように、自分の話に興味を持ってくれた人は邪険にはできない可能性が高そうです。相手も自分の好きなことを話せるので、盛り上がるのではないでしょうか。

  • 【8】「ランニングシューズ欲しいんだけど、何を買ったらいいかわからない」と自分の得意分野について聞かれたから

    「自分の知っていることだったら教えてあげたい」(20代男性)というように、女性に頼られることに喜びを覚える人は多いようです。面倒見の良いタイプの男性には、軽い相談事を持ちかけるといいかもしれません。

  • 【9】「あなたが好きそうなお蕎麦屋さん見つけたよ」とこちらの好みを把握したお店情報を教えてくれたから

    「『俺のことを考えてくれてるんだな』とテンション上がる!」(20代男性)というように、相手にとって有用な情報を耳に入れれば、さすがに食いつきは良くなるようです。話の流れで「今度一緒に行こう」と自然に誘ってしまいましょう。

男性は女性ほどマメに返信をしないことがあるので、返事がなくても即「脈なし」と判断しなくてもよさそうです。送り方を一工夫して、返信を引き出しましょう。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock