初対面で「ズボラ疑惑」を深める残念な女性の特徴9パターン


初対面の男性の前では、少しでも自分を良く見せたいのが女心というもの。だらしない印象を与えても何もいいことはないので、うっかりボロが出ないように気を付けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初対面で『ズボラ疑惑』を深める残念な女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】目的のものがすぐに取り出せないほどバッグの中がグチャグチャである

    「ボールペン1本探すのに全部ひっくり返して大捜索とか、みっともない(苦笑)」(20代男性)というように、バッグの整理整頓ができていないようでは、「部屋もさぞかし散らかっているに違いない」と思われても仕方ありません。バッグの中身は使うたびに整理するようにしたいものです。

  • 【2】割れたままの画面や傷だらけのカバーのままスマホを使い続けている

    「こんなにひどく割れていても気にならないなんて…」(20代男性)など、破損したアイテムを修理せずに放置する女性も、相当な面倒くさがりだと邪推されてしまうようです。多少の費用をかけても、早めにきちんと修理をしたほうが、気持ち良く使えるでしょう。

  • 【3】髪がハネていたり寝癖がついたままで人前に出る

    「朝、鏡見てから出かけないのかな?不思議です」(10代男性)というように、ヘアスタイルに無頓着過ぎると、みだしなみとしてNGなだけでなく、女性としてどうかと思われてしまうようです。時間がなくてもさっと整えるくらいは頑張りましょう。

  • 【4】靴が汚れていたり、かかとを踏んだまま歩く

    「上半身はバッチリなのに、靴がボロボロで残念だった」(20代男性)など、足元は見られていないようでいて意外と目に付くポイントのようです。どんなに高級な靴でも状態が悪いと台無しなので、安くてもキレイに保ったものを日替わりで履いたほうがメンテナンスも楽かもしれません。

  • 【5】ヘアカラーが間に合わず頭頂部がプリンになっている

    「なかなか美容院に行けないほど忙しいのか、あるいはお金がないのかなと余計な心配をしてしまう」(20代男性)というように、髪を染め直すまでの間が長く空いてしまうと、いらぬ詮索を招いてしまうようです。不測の事態を防ぎたければ、明るすぎる色は避けておくのが無難でしょう。

  • 【6】うっすらヒゲが生えた口元やボサボサ眉毛を放置している

    「女の子なのにヒゲや鼻毛はヤバいですよね」(10代男性)など、顔回りのケアを怠っているのを見破られるパターンです。爪や毛など、時間がたつと伸びてくるような部分については、定期的なお手入れが必要でしょう。

  • 【7】シワやシミのある服や裾がほつれたままの服を着ている

    「俺だって自分でアイロンかけたりしてるのにガッカリ」(20代男性)というように、衣服の汚れや破れやほつれを直さずにいる姿は、男性を幻滅させてしまうようです。自力で繕うのが無理なら、クリーニングやお直しを専門店に依頼したいところです。

  • 【8】レシートやポイントカードで財布がパンパンに膨らんでいる

    「よくわかんないカードやレシートだらけの財布って、生活感丸出しで色気とはほど遠い…」(20代男性)など、財布の整理ができていないだけでも、女子力が低いと認定されるおそれがあります。その日のレシートは家計簿に張り付けるなどして、とにかく中身をスッキリさせましょう。

  • 【9】アイラインがズレていたりネイルが剥げかかっていたりする

    「ギザギザに剥げたネイルとか、ずさん過ぎて目も当てられない」(20代男性)というように、せっかくのメイクやおしゃれも、ケアが中途半端だと逆効果になってしまうもの。だらしない印象を与えてしまうようなら、何もせずに清潔な状態を保つほうがまだマシかもしれません。

初対面で「だらしない」「無精」と思われてしまうと、後からそのイメージを覆すのは、なかなか難しいもの。一度、服装や持ち物も含めて、自分の身の回りを見直してみてはいかがでしょうか。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock