「年上の女性って魅力的!」とドキドキする瞬間8パターン


「若い女性がタイプです!」という男性はよく目にしますが、その一方で「年上女性の方が好み!」という男性も少なくありません。では、男性はどんなときに年上女性を魅力的に感じるのでしょうか。スゴレン男性読者へのアンケートを参考にした「『年上の女性って魅力的!』とドキドキする瞬間」をご紹介します。

  • 【1】困っているときに助けてくれるなど、頼りがいを感じたとき

    「頼れる先輩としての尊敬が、恋心に変わったことがある」(20代男性)という男性もいるようです。ただし、何でも手助けしようとすると男性のプライドを傷つける恐れもあります。「一緒に頑張ろう!」など、協力する立場であることを強調し、自分からリードするつもりはないと印象づけましょう。

  • 【2】共通の趣味が多く、自分が知らないような深い話までしていたとき

    「『この人、自分の上を行ってる!』と思って、もっと相手を知りたくなる」(20代男性)など、プライドを刺激されることで年上女性に興味を覚えるケースもあるようです。男性と共通の趣味があった場合、自慢にならないように注意しながら、豊富な知識をアピールしてはいかがでしょうか。

  • 【3】「年下のあなたに分かるわけない!」などと言わず、困ったら自分を頼ってくれるとき

    「年下だけど信頼されている気がして、相手が気になり始めた」(20代男性)という理由で年上女性にキュンとする男性もいるようです。年下であることを負い目に感じがちな男性でも、「あなたは頼りになる」といった一言を添えると、心を開きやすくなるでしょう。

  • 【4】仕事の失敗で落ち込んでいたら、笑顔で励ましてくれたとき

    「母親のような母性を感じて、年上っていいなぁと(笑)」(30代男性)など、励まされたことがきっかけで年上女性に魅力を感じるようになった男性もいるようです。ダメな点が目につく悩み相談であっても、包み込むような懐の深さで受け止めてあげると、男性が安心して気持ちを寄せてくれるでしょう。

  • 【5】普段、年上としてしっかりしているのに、2人になった途端、弱いところを見せられたとき

    「ギャップに惹かれた」(20代男性)など、年上女性の弱い一面に惹かれる男性もいるようです。ただし、グチっぽくなったり、怒りっぽくなったりするのは悪い印象を与えるので要注意。「実はプレッシャーに弱い」など、意外とモロい一面を見せると、男性の支えたいという気持ちをかき立てられるでしょう。

  • 【6】飲み会の帰りなどに、「今日送ってー!」と年下の女の子のような一面を見せられたとき

    「後輩ではなく男として見られているように感じた」(20代男性)など、年下の女の子のように甘えてくる年上女性に魅力を感じる男性もいるようです。ただし、「送ってよ!」と強い口調で言ってしまうのは×。友人同士のようなテンションで口にするようにしましょう。

  • 【7】手を洗った後に素敵なハンカチを差し出してくれるなど、気品溢れる行動を見せられたとき

    「気品があって、気が利く大人の女性に憧れを感じる」(20代男性)という理由で年上女性にドキドキする男性もいるようです。行動のさりげなさが男性に奥ゆかしい印象を与えるようなので、ゆっくりと上半身を傾けてお辞儀をしたり、両手を添えてグラスを持ったりするなど、日頃から気品溢れる行動を心がけましょう。

  • 【8】弱音やグチを包み込むように聞いてくれるなど、安心して相談できるとき

    「何でも弱みを見せられる相手って本当に貴重だと思う」(20代男性)というように、自分よりも豊富な経験を積んでいる年上の女性には、悩みを打ち明けやすいと考える男性が多いようです。「私、男の人の相談に乗るのが好きなの」などと言えば、悩みや弱音をさらに話しやすくなるでしょう。

このほかに年下男性をドキドキさせた経験はありますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock