おっと、これは地雷かも…「重い女」にありがちな特徴9パターン


恋愛に一途なのは悪いことではありませんが、のめり込みすぎてしまうと、むしろ敬遠されてしまうもの。「かわいいけど、重そう…」と男性に警戒されてしまうのは、いったいどんな女性なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「おっと、これは地雷かも…『重い女』にありがちな特徴」をご紹介します。

  • 【1】「いつか好きな男性が現れるっ!」と平気で白馬の王子様幻想を語る

    「小学生ならともかく、大人の女性には『現実を見なよ』と言いたくなります」(20代男性)というように、「いつか素敵な男性が迎えにくる」と無邪気に信じ込んでいて、周囲を呆れさせているパターンです。頭の中で考えるのは自由ですが、わざわざ口にすると恋が遠のくかもしれません。

  • 【2】イケメン独身俳優が結婚したというニュースを聞いて早退する

    「有名人と付き合えるくらい自信があったのでしょうか…。凡人の俺には、そんな人と恋愛なんて無理」(20代男性)というように、会ったこともない芸能人に夢を抱きすぎるのも、ドン引きされてしまうようです。イケメン俳優はあくまで「別腹」でたしなむものと心得ましょう。

  • 【3】メールやSNSに、改行がやたらと多いポエムをぶち込む

    「ポエム調が好きな人って、情緒不安定って感じがします」(10代男性)というように、メールやSNS投稿の文章が詩的な人も、男性に警戒されやすいようです。感受性豊かなところをアピールするにしても、さじ加減は考えたほうがよさそうです。

  • 【4】「結婚適齢期」や「アラサー」など焦りが見えるキーワードを連発する

    「もし付き合ったらプレッシャーを与えてきそう…」(20代男性)というように、恋愛云々よりも結婚を急いでいることが伝わってしまうのも男性を尻込みさせるようです。たとえそれが最大の関心事だとしても、気軽に口にしていい話題ではないかもしれません。

  • 【5】「そろそろ本気で未来の旦那様を探そうと思っている」と聞いてもいないのに婚活宣言をする

    「最初のデートで式場見学に連れて行かれそうで怖い(苦笑)」(20代男性)というように、婚活への意欲が高すぎる女性も敬遠されてしまうようです。がっつきすぎて空回りしたくなければ、焦る気持ちは秘めたままにしておきましょう。

  • 【6】見た目がかわいいのに「出会いがないの」と必死すぎる

    「本人のどこかに問題があるんじゃないかと思います」(10代男性)というように、容姿がいい女性がモテないことをぼやいてしまうと、かえってアダになることもあるようです。本音はともかく表面上は落ち着きを見せたほうがよさそうです。

  • 【7】「家、片付いてる?」と彼女でもないのに掃除を手伝いたがる

    「なんかそのまま住みつきそうで恐ろしい」(20代男性)というように、過剰な親切を申し出て、真意を疑われるケースです。善意であっても、男性の身の回りの世話をするのは、正式にお付き合いをすることになってからにしましょう。

  • 【8】「私が死んでも誰も悲しまないよね」などメンヘラっぽい発言を連発する

    「夜中に『迎えに来ないと死ぬ』と呼び出されるとか、理不尽に振り回されそうなので」(20代男性)というように、心の傷をさらけ出しすぎるのも、恋を遠ざける行為かもしれません。お酒を飲むと感情の歯止めが利かなくなるタイプの人は、特に注意が必要でしょう

  • 【9】過去の恋バナがすべてドン引きするくらい不幸である

    「気の毒ではあるんですけど、不幸を呼び寄せている気がする」(20代男性)というように、痛い恋愛ばかり続けている女性も、男ウケはいまいちのようです。悲惨な恋バナをそのまま披露するのではなく「私は尽くすタイプ」などと恋愛スタンスの話にすりかえてみてはいかがでしょうか。

目の前にいる男性よりも、自分の将来や自分の内面にばかり興味が向いている女性が重く見られがちのようです。思い当たるふしがある人は注意しましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock