彼氏が実は気にしている「彼女との格差」9パターン


男たるもの、「彼女にいいところを見せたい」という気持ちがあって当然。そのため、彼女のほうが優れている部分に対して、傷つくこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏が実は気にしている『彼女との格差』」をご紹介します。

  • 【1】彼女のほうが背が高いなど「身長差」

    「彼女から『小柄でかわいい』とか言われると正直傷つきます」(20代男性)とカミングアウトする男性も。身長は目に見えるので、気になる人にとっては大きなコンプレックスになるようです。「筋肉質だね」など、男らしい部分をクローズアップしてみてはどうでしょうか。

  • 【2】彼女のほうが収入が高いなど「収入差」

    「結婚を考えると、収入が高い彼女はちょっと…プライドが保てない」(20代男性)など、「男が家計を支える」という昔ながらの考えの男性にとっては女性のほうが高収入なのは辛いようです。「一緒にいると落ち着く」など、精神的な部分での感謝や愛情を表しましょう。

  • 【3】彼女のほうが高学歴など「学歴差」

    「心の底ではバカにしてるんじゃないかと思っちゃう」(20代男性)など、悲痛な訴えも。学歴は塗り替えることができないので、気になる人には耐えがたいポイントかもしれません。スポーツや仕事など、その他の面で彼氏を褒めるようにしてはどうでしょうか。

  • 【4】彼女のほうが恋愛経験が豊富など「経験差」

    「恋愛は男がリードするもの! 彼女にリードされると拍子抜け」(20代男性)など、女性に大和撫子的な幻想を抱く男性にとっては、恋愛経験の差は大きな壁になりそうです。彼氏の自信を損なわないためにも、過去の恋愛についてはあまり語らないほうが賢明でしょう。

  • 【5】彼女のほうが上司であるなど「肩書の差」

    「彼女は部長。オレは主任。プライベートでもちょっと緊張します(苦笑)」(20代男性)というように、職場恋愛だとさらに気になるポイントになりそうです。ただし、プライベートで思いきり彼氏に甘えれば、そのギャップで逆にメロメロにすることができるかもしれません。

  • 【6】彼女がお嬢様であるなど「家柄の差」

    「いい家のお嬢様だと、将来的に家族になるときのことを考えて悩む」(20代男性)というように、家柄の差は結婚を考えたときのハードルになってしまうよう。あまりセレブなエピソードは話さず、早い段階で家族に会わせてしまったほうが、彼氏も慣れてくれるのではないでしょうか。

  • 【7】彼女のほうがスポーツが得意など「運動能力差」

    「スポーツでいいとこ見せたいんだけどなー(苦笑)」(20代男性)など、運動能力の差を気に病む男性も。でも、すべてのスポーツにおいて女性のほうが上ということは少ないはず。彼氏が得意なスポーツをふたりで楽しめば、悩みも薄れるのではないでしょうか。

  • 【8】彼女のほうがPCに強いなど「IT能力差」

    「本来は男の見せ場。スマホの設定を彼女にしてもらうとか、情けないよ」(20代男性)など、一般的に男性のほうが得意とされている分野なだけに、気にする男性もいるようです。彼氏から頼んでこない限り、手を出さないほうが無難かもしれません。

  • 【9】彼女のほうがキャンプ慣れしているなど「アウトドア能力差」

    「男らしいところを見せたいのに、カッコ悪いよなぁ」(20代男性)など、本来の見せ場を彼女に取られたようで落ち込む男性も。ただし、アウトドアでの能力は慣れで向上していくもの。マメに彼氏とアウトドアな休日を過ごすことで、彼氏の見せ場も増えていくでしょう。

ほかにも「実は彼氏がこんな格差を気にしていた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock