大学デビューで浮かれてサークル内恋愛した失敗エピソード9パターン


大学生活のスタート直後は出会いの連続。流れに任せるがままサークル内の男性と恋に落ちる人も少なくありませんが、心が浮ついている時期ゆえ「軽はずみな選択をした」と後悔してしまうケースもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に、「大学デビューで浮かれてサークル内恋愛した失敗エピソード」をご紹介します。

  • 【1】「彼氏ができた!」と喜んでいたらわかりやすくヤリ逃げされた

    「1回エッチしたら突然連絡が来なくなった」(10代女性)というように、あからさまに体目当てで遊ばれるパターンです。エッチしたいがために平気で「付き合おう」と告白してくる男性もいるので見極めが肝心でしょう。

  • 【2】先輩というだけで素敵に見えたが、同級生にもっといい男の子がいた

    「あとから考えたら1歳、2歳年上なだけなんですけど、人生の先輩に見えてしまった」(20代女性)というように、「年上の男」に執心しているうちに、もっと素敵な「同い年の男」との恋愛チャンスを逃してしまったパターンです。同級生は幼く見えてしまうものですが、将来性も込みで観察したいところです。

  • 【3】すぐ別れたのに4年間「○○の元カノ」というレッテルで見られ続けた

    「3年生や4年生になってもずっと言われてましたね」(20代女性)というように、いつまでも「誰それの元カノ」という見方をされてしまうパターンです。特に相手が学内で有名だと、そのリスクはより高くなるでしょう。

  • 【4】女同士の付き合いが悪くなり、別れたあと孤立してしまった

    「学内でも私生活でも彼氏とずっといたので、女友達と仲良くなれなかった」(20代女性)というように、異性と遊びすぎて同性の友達がほとんどできなかったパターンです。いきなり半同棲生活に突入せず、同性の友達も大事にしたいものです。

  • 【5】どうやらイケてない先輩とくっついたらしく、好奇の目で見られ続けた

    「かなりの変人と付き合ってしまったみたいで『なんであんな奴と?』みたいな目で見られました」(10代女性)というように、ゲテモノ好きだと笑われてしまうパターンです。いずれにせよ自分が好きならそれでいいと思えるくらいの相手と付き合いましょう。

  • 【6】軽い女だと見られてほかの同級生・先輩から言い寄られるようになった

    「なんかすぐやらせてくれそう、みたいな噂になってた」(20代女性)というように、尻軽女だと勘違いされるパターンです。彼氏があなたとの猥談を広めている可能性もあるので、口の軽そうな男とは付き合わないよう注意しましょう。

  • 【7】ライバルが多い先輩だったので、サークルにいづらくなった

    「何年も狙っている女の先輩がいたのに、新入生の自分が奪っていったみたいになって裏でいじめられた」(20代女性)というように、肩身が狭くなってしまったパターンです。人気者と付き合う場合はサークルを辞める覚悟で臨んだほうがよさそうです。

  • 【8】男の都合で別れたのになぜか自分がサークルを辞めざるをえなくなった

    「なんで私が辞めなくちゃいけないのか、納得いかなかった…」(20代女性)というように、振ったのは彼氏なのに、自分がサークルにいづらくなってしまったパターンです。別れ話を切り出されたら、「誠意があるならあなたがサークル辞めて」とお願いしてもいいかもしれません。

  • 【9】サークル幹部の彼女に収まったことで勘違いして偉そうにしてしまった

    「新入生のくせに先輩が一目置いてくれるので天狗になってしまった」(20代女性)というように、付き合った彼氏の威を借りて嫌な女になってしまったパターンです。すごいのは彼氏で、自分はペーペーという感覚を忘れないようにしたいものです。

いずれにせよ、大学生活が始まったばかりの4月に恋愛を急展開させないほうが得策です。相手が言い寄ってきた場合も、その真意を探るべくゴールデンウィーク明けまで待ってみるのもよいかもしれません。(熊山 准)
Photo:All images by iStock