女性の愚痴を聞いてウンザリする瞬間9パターン


包容力のある男性と話していて、ついつい思い切り愚痴ってしまったことはありませんか? どんなに「聞き上手で優しい男性」に見えても、好き勝手に愚痴を連発していると、人格を疑われて距離を置かれることも…。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「女性の愚痴を聞いてウンザリする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「痩せたい」と言いながらスイーツを食べるなど、発言と行動が矛盾しているとき

    「愚痴を言うなら食べなきゃいいのに…」(20代男性)など、意志の弱さに引かれる可能性があります。どうせスイーツを食べるなら、余計な愚痴は言わず、素直に嬉しそうに食べたほうがカワイイと思ってもらえるでしょう。

  • 【2】「どうせ私はダメだよ」と、何を言ってもネガティブな反応をするとき

    「聞く耳を持たないと、そのうち励ます気も失せる」(20代男性)など、最終的に見捨てられる恐れがあります。愚痴を聞いてもらったら、少しは前向きな発言を心がけるなど、男性が「役に立てた」と思えるようなリアクションをしたいところです。

  • 【3】「たくさんの男に誘われて困る」など、単なるモテ自慢をするとき

    「あまり同情できない」(10代男性)など、自分に非があると思われることがあります。女性としての魅力をアピールしたいなら、「私はあなたに誘われたい」と言うなど、もっとわかりやすい意思表示をしたほうが良いでしょう。

  • 【4】「いい男がいない!」など、探す努力もせずに不満を言っているとき

    「出会いがないのを男のせいにするな!」(20代男性)というのが男性の本音なので、努力もせずに不満を言うのは控えたいところです。「どうしたらいい男に出会えるかな?」など、客観的なアドバイスを求めるような表現に言い換えてみてはいかがでしょう?

  • 【5】「彼氏がステキすぎて不安」など、ノロケ話にしか思えないとき

    「正直、『あっそう』としか思えない」(10代男性)など、浮かれた話は真剣に取り合ってもらえない可能性があります。モテない男性の神経を逆なでする恐れもあるので、彼氏自慢だと思われないように注意しましょう。

  • 【6】「上司がデブでハゲでキモい!」など、ひたすら他人の悪口を言うとき

    「聞くだけで疲れるからやめてほしい」(20代男性)など、相手を暗い気分にさせるので、他人の悪口はほどほどに。人間性を疑われる恐れもあるので、信頼関係が築けていない相手の前ではダークな発言を控えたいところです。

  • 【7】「また浮気された」など、同じ過ちを何度も繰り返しているとき

    「同じような話を繰り返し聞くのがしんどい」(20代男性)など、男性から呆れられてもおかしくありません。「話を聞く時間がもったいない」と思われて見放されることもあるので、少しは状況を改善する姿勢を見せたいところです。

  • 【8】「彼氏からのメールの返信が遅い!」など、相談内容が身勝手なとき

    「子供じゃないんだから…」(30代男性)など、わががまな印象を与えてしまいそうです。「こいつの話を聞くと疲れるな」と思われる可能性もあるので、自己中心的な愚痴は控えましょう。

  • 【9】「私は悪くない」など、自分のことを省みないとき

    「向上心がない相手とは生産的な会話ができない」(20代男性)など、突き放したくなる男性もいるようです。男性から自分の落ち度を指摘されたら素直に聞き入れるなど、男性が「会話をする意味がある」と思えるような反応をすると良いでしょう。

「女性の愚痴を聞いてウンザリする瞬間」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock