「彼女にはしたくない」と判断されてしまう送別会での行動9パターン


職場の送別会に参加するとしても、自分に直接関係ない内容なら、特別な感慨が湧かないのが正直なところかもしれません。とはいえ、気乗りしないからといっていい加減な態度でのぞむと、男性陣から幻滅される可能性もありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に、「『彼女にはしたくない』と判断されてしまう送別会での行動」をご紹介します。

  • 【1】「話したこともないのに送別会なんて…」といやいや参加する

    「もし付き合ったら、しょっちゅう愚痴とか言われてストレス溜まりそう」(20代男性)というように、不機嫌な顔で出席すると、「つまらなそうな子」だと思われるかもしれません。内心まったく楽しくなくても、表面上は愛想よく振る舞うのが吉でしょう。

  • 【2】主役に声を掛けることもなく、飲み食いに夢中になる

    「『会費の元を取らなきゃ!』とがっつく姿にドン引きした…」(10代男性)というように、特にやることもないし…と食欲を全開にすると、下品な印象を与えてしまうようです。食事のペースを周りに合わせると、悪目立ちせずに済みそうです。

  • 【3】同僚との交流を避けるように、会場の隅でスマホをいじる

    「デート中でも平気で通知チェックするタイプだな?と勘ぐってしまう」(10代男性)というように、手持ち無沙汰でも、自分の世界に閉じこもるのは控えたほうがよさそうです。近くの会話に耳を傾ける素振りをするだけでも、談笑しているように見えるでしょう。

  • 【4】「今日って何時まで?」としきりに終わる時刻を気にする

    「『早く終わんないかなあ』っていかにも退屈そうな顔をしてて、子どもかよ…と呆れてしまった」(20代男性)というように、あからさまに帰りたそうな姿を見せるのも、大人気ないかもしれません。普段交流のない部署の男性に話し掛けるなど、楽しみを見つけると時間が早く過ぎそうです。

  • 【5】送別の挨拶もろくに聞かず、女子トークに夢中になる

    「一応会社の行事なんだから、騒ぐのは非常識だろ!と思う」(20代男性)というように、気の合う同僚と女子会さながらに盛り上がるのもまずいでしょう。たまたま目立ってしまったのだとしても、あとから「きちんとした女性」に見せるのは難しそうです。

  • 【6】飲み始めると歯止めが利かなくなり、早い段階で泥酔する

    「弱いのにノリで飲んじゃう子とか、彼女にしたら面倒くさいでしょうね…」(20代男性)というように、うっかり飲みすぎると、「個人的には関わりたくない」と敬遠されそうです。お酒に飲まれやすい人は、あらかじめ対策を練っておいたほうが安全でしょう。

  • 【7】「あの会費でこの料理はない!」と幹事の仕事に文句をつける

    「いくら幹事が後輩でも言い方があるだろ!と、近くにいた自分までムッとしてしまった」(20代男性)というように、幹事への「お小言」も慎んだほうが賢明でしょう。逆に「大変だったでしょう」などとねぎらうと、周りからの好感度もアップしそうです。

  • 【8】酔ったフリで、イケメンの同僚にわざとらしくしなだれかかる

    「足下フラフラなのに、ちゃんと狙いを定めてるところがあざとい!」(20代男性)というように、醜態をさらすと、同僚としては黙認されても、女性としての株は下がってしまいそうです。気になる相手がいるとしても、腕に触れるくらいでやめておきましょう。

  • 【9】「で、誰がどこに飛ばされるの?」と無神経なことを言う

    「事情も知らないで好き勝手言うのは、思いやりがなさすぎる!」(20代男性)というように、お酒の席とはいえ、発言にはくれぐれも気をつけたほうがよさそうです。当事者を不愉快にするばかりか、自分の評価にも致命的なキズを残してしまうかもしれません。

退屈だからといって傍若無人に振る舞うと、自分が損をしてしまいそうです。「これも仕事のうち」だと思えば、そつなくこなせるのではないでしょうか。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock