面倒くさい女…上京する彼氏をうんざりさせる一言9パターン


自分を置いて彼氏が上京することになったら、寂しさや不安が募ってしまうもの。できればしおらしくお見送りしたいところですが、それが無理だとしても、せめて険悪なムードになるのは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性82名に聞いたアンケートを参考に「面倒くさい女…上京する彼氏をうんざりさせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「今ならまだ中止できるんじゃない?」と行かせまいとする

    「彼女が上京に否定的だと、俺の選択に反対なのか…とガッカリする」(20代男性)というように、寂しさのあまり引き止めるばかりでは、気持ちがすれ違ってしまいそうです。無理にでも応援してみせたほうが、「連れて行きたい!」と愛しく思ってもらえるかもしれません。

  • 【2】「朝昼晩、必ず電話すること!」と厳しいルールを強要する

    「面倒だから同意はするけど、締め付けがきついと守る気が失せる!」(10代男性)というように、むやみに相手を縛りつけようとしても、気持ちをつなぎ止める手だてにはならなそうです。貴重な残り時間で思い出作りをすれば、固い絆が二人を結びつけてくれるのではないでしょうか。

  • 【3】「なんで上京する必要があるのか説明して」と同じ話を何度も蒸し返す

    「あんまりしつこいと、引っ越しまで間があっても会いたくなくなりそう…」(10代男性)というように、繰り返し説明を求めるのもいい結果を生まないようです。「納得できない!」といつまでも固執すると、むしろ距離を置かれてしまうでしょう。

  • 【4】「どこへでも行けばいいじゃん!」といちいちキレる

    「話し合おうとするたびにすねられたら、『勝手にしろ!』と言いたくなる」(20代男性)というように、聞く耳を持たないのも、大人げないかもしれません。事態が変わらない以上、気持ちを切り替えて新生活に備えたほうが、遠距離恋愛がうまくいきそうです。

  • 【5】「本気で私を好きなら行かないで!」と無茶な要望を突きつける

    「夢と自分を天秤にかけて俺を苦しめるのはやめてほしい!」(10代男性)というように、愛を試すかのような選択を強いると、相手も自分も傷つくことになりそうです。「さんざん悩んだ俺の気も知らないで!」などと地雷を踏んでしまうおそれもあるので気を付けましょう。

  • 【6】「私のことなんてすぐ忘れちゃうよ…」とメソメソする

    「一応慰めるけど、だんだん『女の涙、超うぜー』とイライラしてきそう」(10代男性)というように、悲観的なことばかり言うと、次第に相手にされなくなるかもしれません。涙を武器にするなら、楽しい会話の最中にふと瞳を潤ませたりしたほうが印象的でしょう。

  • 【7】「何年かしたら必ず戻ってくるよね?」と先のことを約束したがる

    「その場を収めたくなって、彼女が喜びそうな出任せを言ってしまうかも」(20代男性)というように、嬉しい将来設計を聞き出せたとしても、「口だけ」の可能性があります。とはいえ、思いやりから出た嘘だと気づいたなら、非難せず広い心で受け止めたいものです。

  • 【8】「絶対に浮気するに決まってる!」と不信感をあらわにする

    「心配なのはわかるけど、俺って信用ないんだな…と悲しくなる」(20代男性)というように、まだ起きてもいないことで相手を責めるのは、やりすぎかもしれません。疑えば疑うほど、些細なことが気になって自分の不安も増してしまうでしょう。

  • 【9】「もういい!今すぐ別れる!」と衝動的に別れを宣言する

    「ケンカっぽくさよならしたら、そのままフェイドアウトしそう」(10代男性)というように、たとえ勢いだとしても、「別れ」を口にしたら本当に交際が終わってしまう危険があります。「寂しくてつい…」などとすぐに謝って仲直りしないと、激しく後悔することになりそうです。

彼氏にぶつけたくても、言わずに我慢したほうがいいこともあるようです。残りの日々を穏やかに過ごして、スムーズに遠距離恋愛を始めましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計82名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock