気になる同僚男性の「異動」を耳にしたときのリアクション9パターン


頼りになる先輩、かわいい後輩、心通わせた同期など、密かに恋心を抱いている職場の男性が異動することになったら、思わず動揺してしまうもの。とりあえず仕事での絡みが減る前に、秘めたる想いを伝えておきたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に、「気になる同僚男性の『異動』を耳にしたときのリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「えー残念…」と聞いた瞬間に言葉を失う

    「やっぱりさみしがってくれると嬉しいですね」(20代男性)というように、まずは離ればなれになることをストレートに残念がるのがよさそうです。一緒に手がけた仕事の思い出などを話しながら、ずっと見ていたことをそれとなくアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「引き継ぎは心配しないでくださいね」と頼りがいのあるところをみせる

    「仕事の割り振りは上司が決めることだけど、そう言ってくれるのは心強い」(20代男性)というように、引き継げる仕事があれば、喜んで引き受けたいところです。いいところを見せられるだけでなく、自分の成長につながるチャンスだととらえて、上司に直訴するのもアリかもしれません。

  • 【3】「私が幹事やります!」と率先して送別会の準備を始める

    「気持ちよく送り出そうとしてくれる幹事さんには、頭があがらないですね」(20代男性)というように、送別会を企画して仕切るのもいいでしょう。本人に喜んでもらうためにリクエストを聞けば、交流を深めることもできそうです。

  • 【4】「栄転だね、おめでとう」と心から祝福する

    「あらためて栄転って言われると勇気出ます」(20代男性)というように、出世街道につながる異動であると持ち上げるのもいいかもしれません。これからの活躍を応援する姿勢を見せれば、近況報告をしあえる関係につながるかもしれません。

  • 【5】「異動しても連絡ください」とプライベートの連絡先を交換する

    「わざわざLINEのIDなんかを教えられると、完全に脈アリだなと思いますね」(20代男性)というように、さほど親しい間柄ではなくても、異動直前なら自然に連絡先を交換できそうです。それだけで満足するのではなく、「新しい部署、いかがですか?」などと自分からもアクションしましょう。

  • 【6】「また相談してもいいですか」と頼りにしていることをアピールする

    「しょうがねぇなぁ…と言いつつ、顔がほころびますよね」(20代男性)というように、面倒見のいい男性は、人に頼られるとテンションが上がるようです。相談に乗ってもらったら、異動後に連絡を取り合う口実にもなりそうです。

  • 【7】「落ち着いたら新しい職場の話聞かせて」と会う約束を取り付ける

    「新しい職場に馴染むまでは、自分も人恋しいかもしれないし…」(20代男性)というように、その段階で異動後に会う約束をしてしまうのもよさそうです。時期をハッキリさせないと忙しい毎日に流されてしまうおそれがあるので、具体的な日取りを早めに決めてしまいましょう。

  • 【8】「これ、餞別です」とさりげなくプレゼントを渡す

    「まさか何かもらえるとは…これって完全な特別扱いですよね」(10代男性)というように、プレゼントを用意すれば好意に気づいてもらえる確率は高まるようです。日用品、文具、お酒など、相手の好みのものをチョイスできれば理想的でしょう。

  • 【9】「みんなの気持ちです」と寄せ書きを渡す

    「こんなの学生時代以来ですよ!感激しました」(20代男性)というように、職場の仲間に協力してもらい、寄せ書きを作ってみるのもよさそうです。本人に絶対にバレないように注意しながら準備して、最高のサプライズを演出しましょう。

仕事に対する真摯さをアピールしつつ、好意を持っていることを匂わすのが理想的なリアクションといえそうです。もしも、気になる男性の異動情報が入ったら、自分に合った作戦を考えてみてはいかがでしょうか。(外山武史)
Photo:All images by iStock