彼女がいるのに、ほかの女の子と二人きりで会っている男性の言い分9パターン


少なからず存在する、彼女がいながらもほかの女の子とご飯やお茶していまう男性。それはどういうつもりなのか。スゴレンの男性読者からのご意見をもとに、「彼女がいるのにほかの女の子と二人で遊んでしまう男性の言い分」をご紹介いたします。

  • 【1】恋愛感情のない女の子に会うのは男友達と遊ぶのと一緒だから

    「特に深い意味もなく、昔からの友達だし」(20代男性)というように、友達だからというパターンです。付き合う前から女友達がまわりにたくさんいる男性は、このようなタイプが多いのであらかじめ多少の覚悟は必要でしょう。

  • 【2】結婚、彼女へのプレゼントなど女性に相談に乗って欲しいから

    「彼女には相談できないこととか、秘密にしておきたいことを、女性の立場で聞いて欲しい時かな」(20代男性)というように、彼女以外の女性に乗って欲しい相談があったからというパターンです。この場合、事情も聞かずに怒ったりすると逆効果ですので注意しましょう。

  • 【3】彼女との関係が安定しているので少しドキドキしたいから

    「長く付き合ってるとデートもワンパターンになるから、たまにほかの女の子と会って新鮮なドキドキ感を味わいたい」(30代男性)というように、ときめきを味わいたいからというパターンです。それでもやっぱり彼女が良かったと思わせるような自分磨きが必要かもしれません。

  • 【4】たまにほかの女性と遊ばないと男性的な魅力や感覚が鈍るから

    「だんだんファッションや体型に気を使わなくなってくるので、ほかの女性の視線にさらされるのは必要」(20代男性)というように、常に自分を磨いていたいからというパターンです。彼氏がほかの女性を意識するようになったら一緒に洋服を選びに行くなど男磨きに協力しつつ自分好みに仕立てあげてしまうのもアリではないでしょうか。

  • 【5】ほかの女性と遊ぶと彼女の魅力を再発見できるから

    「やっぱり俺にはこいつしかいないんだなって思うから」(20代男性)というように、彼女の魅力を再発見したいからというパターンです。言い訳がましい意見ですが、最終的に自分に戻ってくるならアリとするかナシとするかはあなた次第です。

  • 【6】最近彼女に愛されていないと感じているから

    「ケンカやすれ違いばかりでうまくいっていないと遊びがち」(20代男性)というように、愛されていると実感できないからというパターンです。日頃からしっかり彼氏に愛情表現している場合は、これ以上どうして欲しいのか聞いてみるのも良いかもしれません。

  • 【7】こちらに惚れている彼女とは何があっても別れないと安心しきっているから

    「がっちりとした深い絆で結ばれているので、多少浮気しても問題ないかと」(30代男性)というように、慢心しているパターンです。お灸を据えるためにほかの男性とデートして反応を見てみるのも良いかもしれません。

  • 【8】「本命は彼女」と自分なりの理屈を通しているつもりだから

    「あくまで浮気で、本気は彼女だから」(10代男性)というように、独自の理屈を通しているパターンです。「じゃあ、私も本命はあなただから浮気してくる」と挑発してみるのも良いでしょう。

  • 【9】彼女より相性が良ければ乗り換えようと思っているから

    「どこか彼女より相性の良い女性がいるかも、と思っちゃうんですよね」(20代男性)というように、現状に満足できず常に可能性を探ってしまうパターンです。いったん静かに身をひいて、どれだけ大切な存在か思い知らせてあげるのも良いかもしれません。

「彼女がいるのに、ほか女の子と二人きりで会っている男性の言い分」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock