実は脈アリの意思表示!?奥手男子のホワイトデーのお返し9パターン


自分の気持ちを言葉にするのが苦手な男性は、バレンタインにチョコを受け取っても、上手に意思表示をできないもの。そんな場合、ホワイトデーのお返しに相手の女の子へのメッセージを込めることがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性82名に聞いたアンケートを参考に「実は脈アリの意思表示!?奥手男子のホワイトデーのお返し」をご紹介します。

  • 【1】倍返しを意識したような「高級なお菓子」

    「ゴディバとか有名なお店で買ったものを渡します!」(20代男性)というように、お返しに出し惜しみしないことで、相手への好意を示すケースです。ただし、誰にでも気前がいい男性もなかにはいるので、念のために「ほかの人へのお返しもこんなに奮発しているの?」と確認するといいでしょう。

  • 【2】テレビや雑誌を賑わせている「話題のスイーツ」

    「喜んでほしかったので、2時間並びましたよ!」(20代男性)というように、好きな相手のためなら、長時間の行列も耐えられるというのが男心のようです。それとわかったら受け取るときに、「私のためにわざわざ並んでくれてありがとう」と一言添えるといいかもしれません。

  • 【3】お菓子に添えた「ハンカチなどのプレゼント」

    「いろいろ悩みましたが、一番使えそうなものをと思いまして」(20代男性)というように、お菓子に何か添えているのは、やはり脈があるからと考えてよさそうです。関係の進展を期待するなら、もらったものはしっかり愛用して、その事実を相手に伝えましょう。

  • 【4】感謝の気持ちを丁寧につづった「直筆の手紙」

    「LINEで済ますこともできますけど…」(10代男性)というように、わざわざ手書きでつづった文章には、本気の想いが詰まっているようです。ラブレターに近いことが書かれていたら、曖昧にせずにこちらからも返事を出したほうがよさそうです。

  • 【5】気恥ずかしそうに手渡す「花」

    「持ち歩いているときも視線を浴びて恥ずかしかったです」(20代男性)というように、男性が「花を買う」という行為は、女性が思う以上に勇気がいるようです。花を贈られたら「かなり頑張ってくれた」と見なしていいでしょう。

  • 【6】女だらけの店内で迷いながら買った「ハンドクリーム」

    「ドラッグストアのコスメコーナーなんて足を踏み入れたのも初めて!」(20代男性)というように、女性と縁の薄い男性が化粧品に類する商品を買い求めるのは、特別な感情があってこそかもしれません。せっかくなので、どんな思いで買ってくれたのか尋ねてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】お菓子ではなく、勇気を振り絞って誘う「食事」

    「『チョコのお返し』という名のデートです(笑)」(20代男性)というように、プレゼントを贈るのではなく「食事」に誘うのは、お近づきになりたい気持ちの表れだと考えてよさそうです。ただし、女性を誘うだけでエネルギーを使い果たしてしまう男性もいるので、行きたいお店などを自分から提案してあげるといいでしょう。

  • 【8】普段使いできそうな「文具などの日用品」

    「せっかくなら無くなるものよりも、使ってもらえるものを…」(20代男性)というように、いつもそばに置いておくような品をプレゼントするのは、自分の存在を意識してほしいからかもしれません。まんざらでもないと思っている相手なら、丁寧に使っていることをアピールしてあげるといいでしょう。

  • 【9】精一杯挑戦した「手作りのお菓子」

    「気持ちを込めたものを渡したいから」(20代男性)というように、よほどの料理好きか、本気で好きな女性に渡すのでない限り、お返しに手作りの品を持ってくることは考えにくいもの。手作りは苦手という人も、笑顔で受け取ってあげましょう。

普段は気持ちを表に出さない奥手男子も、ホワイトデーのお返しの際には分かりやすい工夫をしているようです。ただし、そこから踏み込めない男性もいるので、次の一歩を踏み出すために女性側から背中を押してあげることも大事かもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計82名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock