卒業旅行で本当にあった「ドラマチックな出会い」9パターン


学生時代の集大成として、「最後の自由」を満喫できる卒業旅行。開放的な気分もあいまって、思わぬ出会いを引き寄せる人も多いようです。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性83名に聞いたアンケートを参考に、「卒業旅行で本当にあった『ドラマチックな出会い』」をご紹介いたします。

  • 【1】現地で日本語ガイドをしている男性と恋に落ちた

    「急な高熱で困ってたら病院に連れて行ってくれて…。旅先での親切は心にしみますよね(笑)」(20代女性)というように、心細い海外旅行で自分を助けてくれる男性は何より魅力的に見えるもの。とはいえ、なかにはよからぬ目的で近づいてくる人もいるので、常に警戒心は抱いていたほうがいいでしょう。

  • 【2】旅先で道を教えてくれた男性と別の街で再会した

    「ホテルのロビーでお互いに指をさして『あっ』となりました。その後、いっしょに街を散策するという展開に」(20代女性)など、運命を感じる「偶然」もあるようです。とりあえず誰かと交流を持たないことには始まらないので、旅先では積極的に人に話しかけたいものです。

  • 【3】遠い外国の道端で、数年来音信不通だった幼なじみにバッタリ会った

    「親の転勤で九州に引っ越した初恋の人と、バンコクの路上で再会!!今思い出しても興奮します」(20代女性)など、「なぜこんなところで?」という場所で昔からの知人に会うのも、ただならぬ縁を感じそうです。いつ誰に遭遇しても恥ずかしくないように、旅行中は身ぎれいにしておきましょう。

  • 【4】飛行機で隣り合わせた人と話すうちに、共通の知り合いがいることが判明した

    「『観光ですか?』とかポツポツ話しているうちに、同じ水泳コーチに師事していたことが判明。そこから一気に仲良くなりました(笑)」(20代女性)というように、驚きの共通項も、非日常のシーンではとくに輝いて見えるもの。小さな出会いを大切にして、丁寧に会話を楽しみましょう。

  • 【5】日本人がほぼいない街で会った日本人とその後の旅を共にした

    「南米の僻地で日本人に会ったため、それだけでテンションが上がった」(20代女性)というように、一人よりは二人で行動するほうが楽しさも増しそうです。安全面を考慮しても、治安に不安のある土地では男性を同伴しているほうが心強いでしょう。

  • 【6】レストランでデザートをサービスしてくれた現地の人と閉店後にデートした

    「ウインクをしながら私だけに持ってきてくれたので、ドキドキした」(20代女性)など、旅先で差し向けられた好意は、甘んじて受け入れるほうがよさそうです。ただし、あとから法外な料金をふっかけられる可能性もあるので、常にリスクは念頭に置いたほうがよさそうです。

  • 【7】ノリでいっしょに記念撮影した人に写真を送って交流が始まった

    「住んでいる街が近かったこともあり、実際に会うようになった」(20代女性)というように、写真を渡すという名目があれば、旅先で出会った人との連絡先交換もスムーズに行えるようです。後日、送るときには、5割増しで自分が美しく見える「奇跡の一枚」もしのばせてしまいましょう。

  • 【8】現地で親しくなった男性が、まさかの東京勤務になった

    「2月の旅行で会って3月で転勤決定、という嬉しいスピード展開だった」(20代女性)など、旅には想像を超えたストーリーが付きもののようです。好みの男性に出会ったら、のちのちまで連絡を取れるような努力を怠らないようにしましょう。

  • 【9】時間を持て余しがちな船旅でデッキにいた男性に話しかけられた

    「ナンパなどではなく自然な感じで話しかけてきて、意気投合した」(20代女性)というように、よほど大きな船ではない限り、船上ではすることがないもの。飛行機、列車など、いわゆる「閉鎖空間」での出会いは見逃せないでしょう。

卒業旅行という人生の区切りを意味するイベントだけに、そこでの出会いには新生活を豊かにするヒントが隠されているかもしれません。(石原たきび)


【調査概要】
期間:2015年9月9日から16日まで
対象:合計83名(独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock